建物は重要文化財!歴史と格式の日本橋高島屋でのスーツ・シャツ購入攻略


(出典:https://www.takashimaya.co.jp/ tokyo/cultural_propertie/index.html)
百貨店として初めて建物が重要文化財に指定された日本橋高島屋。

重厚な西欧の様式に和風建築の意匠が散りばめられています。

これまで増築を繰り返してきましたが、その中でもベースを崩すことなく現在まで調和を保っています。

スーツに関しても他の百貨店には無い独自性を出してきており、トレンドに合わせつつもクラシカルなスタイルを追及できます。

今回はそんな日本橋高島屋で購入できるスーツやワイシャツについてご紹介したいと思います!

日本橋高島屋で購入できるスーツ

日本橋高島屋では、各ブランドのテナントで既製品/オーダー共に用意があるだけでなく、オーダーのエリアも別途用意されています。

そこで本記事では、大きく以下の3つ分けて、もう少し詳しくご紹介します。

  • 各ブランドの既製品/パターンオーダー
  • イージーオーダー
  • フルオーダー
  • オーダーの種類とそれぞれの違いについては、徹底解説!オーダースーツの基本と種類。おまけで嫌な店員実態も…!をご覧ください!

    各ブランドの既製品/パターンオーダー

    日本橋高島屋では、百貨店あるあるブランドは勿論、最近話題のイタリア系ブランドなどもサロン ル シック セレクトというタカシマヤ独自のセレクトショップにて取り扱っています。

    本記事では日本橋高島屋で購入できるブランドの一部をご紹介しますね。

  • サロン ル シック セレクト
  • タカシマヤ スタイルオーダーサロン
  • ダックス
  • ブルックスブラザーズ
  • J.プレス
  • ポールスチュアート
  • ダーバン
  • 五大陸
  • マッキントッシュ ロンドン
  • クレストブリッジ
  • ちなみに、オーダーにせよ、既製品にせよ、スーツを選ぶ上で必要なのはお金じゃなくてセンスでもなくて論理です。

    え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなしで、その論理を紹介していますので、感性と流行に任せて残念スーツを購入しない様、ご注意ください!

    また、より具体的に、残念スーツを避けるにはどのようなサイズが良いかをあなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとはでご紹介していますので、こちらも併せてご覧頂けば心配はないでしょう。

    サロン ル シック セレクト


    (出典:https://www.takashimaya.co.jp/ store/special/salonlechic_mens/index.html)
    ブランド概要
    サロン ル シック セレクトは高島屋によるセレクトショップで、シーズン毎のテーマに基づき国内外のブランドの商品を取り揃えています。

    取り扱いブランド
    BARBA / Belvest / Cruciani / De Petrillo / Drumohr / Ernesto / Fariero Salti / Fay / Finamore / HERNO / INCOTEX / ISAIA / LARDINI / malo / MOORER / PT01 / Sealup / THE GIGI / VOGANO / ZANONE等

    タカシマヤ スタイルオーダーサロン


    (出典:https://www.takashimaya.co.jp/ store/special/style_order_salon/ index.html#top)
    ブランド概要
    干場義雅氏が監修する高島屋のオーダーサロン。パターンオーダーになりますが、高島屋本体のオーダー以上にスタイリッシュになっています。

    価格目安
    パターンオーダー:¥49,000〜¥120,000

    主なハウスモデル
    3種類(001型ネオクラシコ/002型クラシコ/003型ブリティッシュ)

    オーダー時の納期目安
    4週間少々

    詳細
    干場義雅氏監修!スタイルオーダーサロンでのオーダースーツ攻略

    ダックス


    (出典:https://daks-japan.com/news/3567/)
    ブランド概要
    2019年に創立125周年を迎えた英国王室御用達のブランド。ブランドの名に恥じない高級生地を使った高価なスーツを提供しています。

    価格目安
    既製品:¥140,000〜190,000
    パターンオーダー:¥150,000〜200,000

    主なハウスモデル
    1種類

    オーダー時の納期目安
    3週間〜

    詳細
    創立125年!英国王室御用達DAKS(ダックス)のスーツ攻略

    ブルックスブラザーズ


    (出典: http://www.brooksbrothers.co.jp/200th/ )
    ブランド概要
    伝統的なアメリカントラッドのBOXシルエットを守るアメリカを代表するブランドの一つ。体格の良い方でないと胸囲が足りないことも多く、いわゆるBOXシルエットではないモデルしか着れなくなってしまいます。

    価格目安
    既製品:¥89,000〜160,000
    パターンオーダー:¥130,000〜200,000

    主なハウスモデル
    3種類(マディソンフィット/リージェントフィット/ミラノフィット)

    オーダー時の納期目安
    2週間〜/3週間〜(生地に応じて変動)

    詳細
    創立200年!歴代大統領も愛したブルックスブラザーズのスーツ攻略

    J.プレス


    (出典: https://www.jpress.jp/concept/ )
    ブランド概要
    伝統的なアメリカントラッドのBOXシルエットを守るアメリカを代表するブランドの一つ。比較的体格に恵まれない日本人でも、BOXシルエットのスーツをすっきりと着ることができます。

    価格目安
    既製品:¥69,000〜92,000
    パターンオーダー:¥77,000〜141,000

    主なハウスモデル
    2種類(クラシック/オーセンティック)

    オーダー時の納期目安
    4週間

    詳細
    伝統と熟練に基づく品格あるスタイルを!J.プレスのスーツ攻略

    ポールスチュアート


    (出典: https://www.paulstuart.jp/ourstory/ )
    ブランド概要
    アメリカを代表するブランドですが、あからさまなBOXシルエットというわけではなく、ブリティッシュを基調としたシルエットとなっています。

    価格目安
    既製品:¥130,000〜170,000
    パターンオーダー:¥160,000〜250,000

    主なハウスモデル
    3種類(イーストゲート/ウエストゲート/ヨーク)

    オーダー時の納期目安
    6週間

    詳細
    アメリカのサヴィルロウ!?ポールスチュアートのスーツ攻略

    ダーバン


    (出典:http://www.renown.com/ brand/durban/index.html)
    ブランド概要
    レナウンが誇る日本を代表するブランドのD’URBAN。どの職種の方でも着れるようなビジネスシーンを想定した商品展開となっています。

    価格目安
    既製品:¥59,000〜130,000
    パターンオーダー:¥150,000〜250,000

    主なハウスモデル
    4種類(A/B/C/D)

    オーダー時の納期目安
    3週間(既製ベース)/4週間〜(バンチブックベース)

    詳細
    自社工場の宮崎ソーイングで担保した品質!ダーバンのスーツ攻略

    五大陸


    (出典:https://gotairiku1992.jp/kabuki-gotairiku/)
    ブランド概要
    オンワードが誇る日本を代表するブランドの五大陸。カタい職場も問題なく着ることができるオーソドックスなスーツを展開しています。

    価格目安
    既製品:¥63,000〜110,000
    パターンオーダー:¥145,000〜165,000

    主なハウスモデル
    1〜2種類?(仕立てランクが2種類あり、それによって型紙が異なるかは不明)

    オーダー時の納期目安
    3週間〜

    詳細
    カタい職場も難なくこなす1着を!五大陸(ゴタイリク)のスーツ攻略

    マッキントッシュ ロンドン


    (出典: http://www.mackintosh-london.com/ )
    ブランド概要
    英国マッキントッシュとライセンス契約の下、日本の別ラインとして三陽商会が展開するブランド。ブリティッシュスタイルをベースに、45歳以上をターゲットとしています。

    価格目安
    既製品:¥110,000〜180,000
    パターンオーダー:¥120,000〜160,000

    主なハウスモデル
    2種類(ニューブリッジ/オックスブリッジ)

    オーダー時の納期目安
    3〜4週間

    詳細
    変遷と事情がややこしい!笑 マッキントッシュロンドンのスーツ攻略

  • クレストブリッジ

  • (出典:https://www.crestbridge.jp/s/cb/ blacklabel/column/fashion/170630/)
    ブランド概要
    元々はバーバーリーの日本のセカンドラインとして三陽商会が展開しており、ライセンス契約終了後、再スタートする形で立ち上がったブランドです。全体的に細身のシルエットが多く、20〜30代がターゲットとなっています。

    価格目安
    既製品:¥78,000〜130,000
    パターンオーダー:¥88,000〜140,000

    主なハウスモデル
    2種類(モダンコンフォート/スリムフィット)

    詳細
    旧バーバリー!?ブラックレーベル・クレストブリッジのスーツ攻略

    この他にもスーツを取り扱うブランドはありますので、是非実際の店舗でチェックしてみてください。

    ブランドに迷ったらお買い物アテンドサービスも

    それぞれのブランドを吟味したく、本記事だけでは足りない!という方は、日本橋高島屋が提供しているお買い物アテンドサービスを使ってみても良いでしょう。

    事前予約が必要にはなりますが、なんと無料で対応してくれるんです!

    正直ブランド間の違いやどれが自分に似合うかは分からないけれど、「買うぞ!」と心に決めている方は、ぜひ!

    イージーオーダースーツ


    (出典:http://www.takashimaya.co.jp/ store/special/ordersuit/ index.html#contentsArea)
    さて、ここからはオーダー専門エリアのご紹介です。

    6Fの「イージーメード」というエリアでは、先程までの各ブランドのパターンオーダーよりもさらに細かくオーダーを受けてもらえます。

    体型補正まで加えたイージーオーダーとなる為、より自分の身体に合ったスーツを作ることができるでしょう。

    オーダーにあたってはまずは生地選び!

    日本橋高島屋で取り扱っている生地ブランドの一部とその値段をご紹介しますね。

    • オリジナル ¥60,000
    • オリジナル ¥70,000
    • オリジナル ¥80,000
    • オリジナル ¥90,000
    • Miyuki Tex ¥110,000
    • CANONICO ¥120,000
    • Minova 120,000
    • ドーメル ¥140,000
    • デルフィノ¥140,000
    • Miyuki Napolena ¥160,000
    • スキャバル ¥160,000
    • LANVIN ¥182,000
    • LANVIN ¥205,000

    生地を選んだら、モデル選びです。

    日本橋高島屋のイージーオーダーでは、基本の4種類+スペシャルラインの3種類、計7種類のハウスモデルがあります。

    (出典:http://www.takashimaya.co.jp/ store/special/easy_made/line_up.html)
    基本は上図にあるブリティッシュ、ミラノ、ナポリ、インターナショナルの4種類です。

    残り2種類のスペシャルラインは、有名モデリストやデザイナーが監修したモデルになります。

    スペシャルラインのうち唯一どの高島屋でも選択できるのが、カツシゲ ムラオカ プラス7です。

    (出典:http://www.takashimaya.co.jp/store/ special/easy_made/line_up.html)
    こちらは、イン&ヤンの設立者でデザイナーの村岡勝重氏が、紳士服に求められる7つの要素(デザイン、クオリティ、コンフォート、テキスタイル、シルエット、パターン、縫製)にこだわり尽くしたモデルです。

    「プラス7」はこの7つの要素を意味しているようですね。

    スペシャルラインのうちのもう1つが、ギルドホールです。

    (出典:http://www.takashimaya.co.jp/store/ special/easy_made/line_up.html)
    こちらは、日本モデリスト協会会長であり、IACDE(国際衣服デザイナー協会&エグゼクティブ)の本部メンバーでもある柴山登光氏が手がけたモデルです。

    日本人の身体に沿うように設計されたパーツを職人たちの技で仕上げています。

    羽のような軽さが謳われており、ぜひ試してみたいところですが、取り扱いがあるのは、日本橋店・新宿店・横浜店・大阪店・京都店・ジェイアール名古屋タカシマヤと限られた店舗のみです。

    モデルが決まったら詳細デザインです。

    袖ボタンは並びつけ、重ねつけだけでなく本切羽も+¥2,000で対応頂けます。

    ポケットは、ノーマル、スラントだけでなくチェンジポケットもオプション料金無しで対応頂けます。

    ベントはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントから選ぶことができ、裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。

    スリーピースにしたい場合は+¥15,000でベストが作れるとのことでした。

    価格が固定の為、むしろ高級生地を選ぶほどお手頃価格に感じられそうですね。

    納期は3〜4週間程度です。

    フルオーダースーツ

    フルオーダースーツは6Fの「オーダーメード」というエリアで受け付けています。

    新宿高島屋と比べエリアも広く、取り揃えの生地も多くありました。

    価格は27万〜35万がメインです。

    フルオーダーについても、パターンオーダーやイージーオーダーと同じく、選べる生地ブランドの一部をご紹介しますね。

    • SCABAL
    • Taylor&Lodge
    • Zegna

    デザインについてもフルオーダーですので、当然しっかり対応可能です。

    たとえば、袖ボタンは並びつけ、重ねつけだけでなく本切羽もオプション料金無し対応頂けます。

    ポケットは、ノーマル、スラントだけでなくチェンジポケットもオプション料金無しで対応頂けます。

    ベントはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントから選ぶことができ、裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。

    スリーピースにしたい場合は、+¥45,000〜(生地によって可変)でベストが作れるとのことでした。

    高級生地を選ぶほど価格は上がっていく為、金額を気にせずオーダーできる場合には、チャレンジしてみてはどうでしょう?

    納期は仮縫い含め4週間程度とのことでした。

    採寸の上、しっかり時間をかけて自分の身体に合った最高の一着をお願いしましょう!

    日本橋高島屋で購入できるワイシャツ

    次にワイシャツについてです。

    こちらも各ブランドのテナントで既製品が用意されているかと思いますが、本記事では百貨店としての既製品ワイシャツとフルオーダーシャツをご紹介します。

  • 既製品
  • フルオーダーシャツ
  • いずれを購入する際にも、ワイシャツは身体に合っていることが重要です。身体に合ったワイシャツを購入する上で考慮すべき点はぶっちゃけスーツより重要?ワイシャツの効果と購入法攻略にまとめていますので、併せてご覧ください!

    既製品シャツ

    既製品のワイシャツは6Fの「既製ワイシャツ」というエリアにて、透明なビニール袋の中にワイシャツが折りたたまれて並べられているという、いわゆるな形で売られています。

    襟の形と大まかなサイズを決めた後は、販売員に依頼して『お直し』を行いましょう。

    これは既製品を買う場合は絶対に忘れてはいけません。

    価格については、実際に売られていた既製品の価格をリストアップしましたので、参考程度にどうぞ。(本記事内の価格については2018年6月1日現在のもので、皆さんの購入時における同一価格での購入を保証するものではありません)

    • elle ¥6,900
    • Pierre cardin ¥7,300
    • SHIRT FACTORY ¥7,300
    • LORDSON ¥7,600
    • SHIRT FACTORY ¥8,300
    • SHIRT FACTORY ¥8,900
    • L.クラティコ ¥8,900
    • Pierre cardin ¥9,000
    • LANVIN ¥11,000
    • LANVIN ¥13,000
    • GIZA egyptian pure cotton ¥15,000
    • LANVIN ¥18,000
    •  

    フルオーダーシャツ

    フルオーダーシャツは6Fの「オーダーワイシャツ」というエリアにて、対応頂けます。

    生地が本のように棚に並べられており、そこからお好きな生地を選んで作ることができます。

    とはいえ、ブランドも色・柄も多岐に渡る為、初めて選ぶ際にはどれにすべきか悩ましいと思います。

    生地を触るだけでは分からない、実際に仕立てて腕を通した経験で分かるような差はありますが、それでは再現性がないですよね。

    こうなってくると対応してくださる販売員の腕を信じるしかなくなってしまいますが、¥15,000のラインあたりがビジネスで着る上では最も適しているとのことです。

    というのも¥10,000程度では単糸が使われている為、肌触りがポリエステル混紡と大きくは変わらなくなります

    一方で¥20,000以上となると120番手の双糸が使われる為、日常使いにはデリケート過ぎてしまいます。

    結果、100番手の双糸が用いられる¥15,000のラインがベストとのこと!

    また、もし品揃えにあるのであれば、「Master Seed」の綿を使用しているものは着心地が良さに優れている為、オススメです。

    Master Seedとは、東洋紡が米国ニューメキシコ州立大学と共同開発し、紡績から加工まで一貫生産している再高品位の綿です。

    このMaster Seed使用の場合は

    (出典:http://www.stc.toyobo.co.jp/wp2/ kona20170101/)
    このようなマークがシャツの生地が入った袋に貼られています。

    さらに、素材についてはシーアイランドコットン(海島綿)50%ぐらいだと、肌触りと使い勝手が両立されます。

    こちらもシーアイランドコットンが100%になってしまうとデリケートになり過ぎてしまいます。

    ちなみに日本橋高島屋では以下のような生地が取り扱われていました。

    • SCABAL ¥15,000
    • Chester Barrie ¥15,000
    • LANVIN ¥15,000
    • LANVIN ¥20,000
    • Mila Schön ¥20,000
    • dunhill ¥20,000
    • Albini ¥25,000
    • LANVIN ¥30,000
    • Mila Schön ¥30,000
    • dunhill ¥30,000

    オーダーですので、生地を選んだら、次はデザインです。

    デザインについては新宿高島屋のフルオーダーと同様の選択肢になります。

    襟についてはレギュラー、ニューレギュラー、ボタンダウン、ロングボタンダウン、ロールボタンダウン、ホリゾンダル、セミロング、ショートワイド、ニューワイド、タブ、ラウンド、セミラウンド、カッタウェイあたりから選ぶことができます。

    その他イタリアンカラー等の襟が+¥3,000で対応頂けるとのことでした。クレリックについては+¥1,000です。

    前身頃はフレンチフロント(裏前仕立て)、プラケットフロント(表前仕立て)だけでなく、フライフロント(比翼仕立て)も+¥1,000で選択できます。

    後身頃はプリーツ無し、センタープリーツ、サイドプリーツ、バックダーツから選択することができます。

    カフスは小丸型、中丸型、大丸型、角落型、スクウェア、ダブルか選択することができます。

    ポケットは角落、丸底、ホームベース型から選択でき、無くすことも可能です。

    サイズについてはフルオーダーですので、ばっちり採寸の上、ご自身の身体に合った一枚を購入しましょう!

    納期はだいたい3週間程度となるようです。

    日本橋高島屋の所在地とアクセス

      所在地

    〒103-8265 東京都 中央区日本橋2丁目4−1

      アクセス

    JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
    東京メトロ 銀座線・東西線「日本橋駅」B2出口
    都営地下鉄 浅草線「日本橋駅」から徒歩4分

    スポンサーリンク
    mezzoforte lounge ads