干場義雅氏監修!スタイルオーダーサロンでのオーダースーツ攻略


(出典:https://www.takashimaya.co.jp/ store/special/style_order_salon/ index.html#top)

ウェブマガジンFORZA STYLE編集長の干場義雅氏をご存知でしょうか。

これまでMezzoforte Loungeでもめんどくさい事不要!干場義雅氏に学ぶスーツ・シャツのアイロンがけ等で紹介してきていますね。

もし名前にピンと来なくても「ちょいワルおやじ」という言葉は聞いたことあるかと思います。

ジローラモさんが想起されてしまうかもしれませんが(笑)、ファッション誌LEONの創刊に携わり、この「ちょいワルおやじ」等のブームを作ったのが干場義雅氏です。

今回はそんな同氏が監修するタカシマヤスタイルオーダーサロンでのスーツのオーダーを徹底解剖したいと思います。

Youtubeでも紹介されていますので、こちらを閲覧してから検討しても良いかもしれませんね。

ちなみにスーツ以外にもカバン等も売っており、私自身、こちらでも取り扱われているペッレモルビダのカバンを使用しています!

スーツのオーダーの分類は「パターンオーダー」

タカシマヤスタイルオーダーサロンにおけるスーツのオーダーはパターンオーダーに分類されます。

用意されたゲージサンプルの中から基本的な形を選び、あとは採寸結果に合わせて微調整をしていきます。

オーダーの種類とそれぞれの違いって実はあまりちゃんと理解されていなかったりもします。

そんなこともあろうかと、徹底解説!オーダースーツの基本と種類。おまけで嫌な店員実態も…!にまとめましたので、是非ご覧ください!

予算や体型も含め、実際どのオーダーが良いかは検討が必要です。

タカシマヤスタイルオーダーサロンのハウスモデル


(出典:https://www.takashimaya.co.jp/ store/special/style_order_salon/ itemlineup.html#suit001)
タカシマヤスタイルオーダーサロンでは大きく3つのハウスモデルが用意されており、001型ネオクラシコ、002型クラシコ、003型ブリティッシュの中から選ぶことができます。

  • 001型ネオクラシコ
    • こちらは干場義雅氏の監修モデルで、丸みのある肩と大きくラウンドしたフロントカットが特徴です。

      近年のクラシック回帰を押さえ、パンツはベルトレスで2プリーツになっています。

      また、フラップ無しのチェンジポケットが標準でついており、なかなか他では見ないデザインになっています。(チェンジポケットが気になる場合は外すようにオーダーすることも出来るようです。)

  • 002型クラシコ
    • こちらは、その名の通りクラシカルなイタリアンスタイルをベースとしたデザインです。

      肩パッドを無くすなど、着心地の軽やかさや動きやすさにこだわり、それでいてフィット感も兼ね備えています。

  • 003型ブリティッシュ
    • こちらは、セミコンケープドのややしっかりした肩と、フロントのスクエアカットが特徴です。

      伝統的なブリティッシュの堅苦しさをモードの要素を加えることで現代的なデザインになっています。

    いずれの型を選んだ場合も芯地はハーフ毛芯、襟は二枚襟となっています。

    襟の作りは首の吸い付きに直結する為、本来アイロンでじっくり人の首の形に合うように曲げる工程が必要です。

    しかし、この二枚襟にすることで簡単に立体感が出るため、人手のアイロンワークをカットでき、コストが抑えられます。

    その代わり人手で入念なアイロンワークを施した一枚襟と比べると、首への吸い付きが甘くなります。

    首(正確には第7頚椎)に吸い付きが悪いほど、重めの生地を選んだ際に重さがのしかかることには注意が必要です。

    タカシマヤスタイルオーダーサロンで選べる生地と価格

    それでは生地についてです。生地は約400種類の中から選ぶことができ、その生地に応じて仕上がりの値段が異なります。

    最も安い生地だと、なんと¥49,000でオーダーが可能です!

    選べる生地ブランドの一部とその値段をご紹介しますね。

    • CANONICO ¥69,000
    • CARLO BARBERA ¥89,000
    • DORMEUIL ¥100,000
    • SCABAL ¥100,000
    • Loro Piana ¥120,000
    • Ermenegildo Zegna ¥120,000

    その他数多くのブランドを取り扱っており、バンチブックから選ぶことができる為、選択肢としては申し分無いかと思います。

    タカシマヤスタイルオーダーサロンのカスタマイズ概要

    さて、生地を選んだらデザインです。

    袖ボタンは並びつけ、重ねつけは勿論、本切羽もオプション料金+¥2,000で対応頂けます。

    ポケットは、ノーマル、スラントだけでなくチェンジポケットもオプション料金無しで対応頂けます。

    なんなら001型ネオクラシコは標準でチェンジポケットがついています。

    ベントはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントから選ぶことができ、裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。

    いずれのモデルを選んでもカスタマイズできる箇所に差異はないとのことですので、販売員とご相談の上、最もご自身の身体に合うものを選びましょう!

    シングルスーツの場合、ノッチドラペルのみとなっている為、ピークドラペルへの変更はできない事も3つのモデル全てに共通しています。

    また、スリーピースにする場合は¥15,000でベストが作れるとのことでした。

    固定料金の為、高級生地になればなるほど、スリーピースにするのがオトクに感じられますね。

    納期はパターンオーダーとしては少し長めで、4週間少々とのことです。

    その名の通り、高島屋の一部店舗での対応

    タカシマヤ スタイルオーダーサロンは、日本橋、新宿、横浜、大阪、京都の高島屋に店舗を構えています。

    干場義雅氏の監修ということもあり、是非オーダーに挑戦してみたいところです。

    これらの都市に訪問予定がある際には、是非立ち寄ってみてください!

  • 日本橋髙島屋S.C.店 本館6階
  • 新宿店 オム・メゾン6階
  • 横浜店 6階
  • 大阪店 5階
  • 京都店 4階

    ここまで見て、ある程度気持ちは固まってきたけど、本当にスタイルオーダーサロンだけ見て決めていいのか?という方もいるのではないでしょうか。

    実店舗と違い「やっぱり止めた」という意思決定がしやすいようにあれ、知らなかった!?東京でパターンオーダーできるお店まとめで各店舗を整理しておきました!しっかり比較検討してみてください!

    オーダーに向けた事前準備

    こちらはオプショナルですが、一流のビジネスパーソンとして、適切にスーツを着こなすための情報を以下にまとめましたので、ぜひご覧ください!

    そもそも論理的に一流のスーツスタイルとは・・・
    え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなし

    身体に合ったスーツとは・・・
    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとは

    差がつくポイントは・・・
    なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイント

    生地を選ぶ際のポイントや特徴は・・・
    素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違い

    パンツの裾上げの対処法は・・・
    知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法

    販売員と上手くやり取りを行う方法は・・・
    うんちく不要!販売員の知識を「運用」したスーツ購入法とは?

    スーツの着こなす上で最低限押さえるべきことは・・・
    意外と知らない?スーツを着る上での基本

    タカシマヤスタイルオーダーサロンでは、スーツだけでなくシャツ、ネクタイ、バッグ、シューズすべてのオーダーを受けてくれますので、是非一度お店に足を運んでみてください!

    スポンサーリンク
    mezzoforte lounge ads