干場義雅氏イチオシは本当?タカシマヤスタイルオーダーサロンのオーダースーツ考察


(出典:https://www.takashimaya.co.jp/ store/special/style_order_salon/ index.html#top)

ウェブマガジンFORZA STYLE編集長でユニバーサルランゲージもたびたび監修している干場義雅氏をご存知でしょうか。もし名前にピンと来なくても「ちょいワルおやじ」という言葉は聞いたことあるかと思います。

ジローラモさんが想起されてしまうかもしれませんが(笑)、ファッション誌LEONの創刊に携わり、この「ちょいワルおやじ」等のブームを作ったのが干場義雅氏です。

カッコ良いを作りだしているイメージがあり、イタリア系ブランドを猛プッシュしていますが、本当に良いものを紹介しているのかなという素朴な疑問を持った方もいるのではないでしょうか。

特に同氏の肝入りタカシマヤスタイルオーダーサロンはYouTubeでたびたび生地選びや仕立て工程等が紹介されていますので、本当のところ、どうなの?という考察をしてみたいとおもいます。

スーツのオーダーの分類は「パターンオーダー」

タカシマヤスタイルオーダーサロンにおけるスーツのオーダーはパターンオーダーに分類されます。用意されたゲージサンプルの中から基本的な形を選び、あとは採寸結果に合わせて微調整を行います。

コンセプトとしては、「顧客が迷わずにカッコいいものをオーダーできること」に主眼を置いているので、オーダー時に調整や選択肢はそこまで広くとっていません。まぁでもこれぞパターンオーダーの神髄ですよね。

オーダーごとの違いは、徹底解説!オーダースーツの基本と種類。おまけで嫌な店員実態も…!をご覧ください。予算や体型も含め、実際どのオーダーが良いかは検討が必要です。

タカシマヤスタイルオーダーサロンのハウスモデル


(出典:https://www.takashimaya.co.jp/ store/special/style_order_salon/ itemlineup.html#suit001)
タカシマヤスタイルオーダーサロンでは大きく3つのハウスモデルが用意されており、001型ネオクラシコ、002型クラシコ、003型ブリティッシュの中から選ぶことができます。

  • 001型ネオクラシコ
    • こちらは干場義雅氏の監修モデルで、丸みのある肩と大きくラウンドしたフロントカットが特徴です。近年のクラシック回帰を押さえ、パンツはベルトレスで2プリーツになっています。また、フラップ無しのチェンジポケットが標準でついており、なかなか他では見ないデザインになっています。(チェンジポケットが気になる場合は外すようにオーダーすることも出来るようです。)
  • 002型クラシコ
    • こちらは、その名の通りクラシカルなイタリアンスタイルをベースとしたデザインです。肩パッドを無くすなど、着心地の軽やかさや動きやすさにこだわり、それでいてフィット感も兼ね備えています。
  • 003型ブリティッシュ
    • こちらは、セミコンケープドのややしっかりした肩と、フロントのスクエアカットが特徴です。伝統的なブリティッシュの堅苦しさをモードの要素を加えることで現代的なデザインになっています。

    タカシマヤスタイルオーダーサロンで選べる生地と価格

    それでは生地についてです。生地は約400種類の中から選ぶことができ、その生地に応じて仕上がりの値段が異なります。

    最も安い生地だと、なんと¥49,000でオーダーが可能です!

    選べる生地ブランドの一部とその値段をご紹介しますね。

    • CANONICO ¥69,000
    • CARLO BARBERA ¥89,000
    • DORMEUIL ¥100,000
    • SCABAL ¥100,000
    • Loro Piana ¥120,000
    • Ermenegildo Zegna ¥120,000

    その他数多くのブランドを取り扱っており、バンチブックから選ぶことができる為、選択肢としては申し分無いかと思います。

    タカシマヤスタイルオーダーサロンのカスタマイズ概要

    さて、生地を選んだらデザインです。

    袖ボタンは並びつけ、重ねつけは勿論、本切羽もオプション料金+¥2,000で対応頂けます。

    ポケットは、ノーマル、スラントだけでなくチェンジポケットもオプション料金無しで対応頂けます。

    なんなら001型ネオクラシコは標準でチェンジポケットがついています。

    ベントはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントから選ぶことができ、裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。

    いずれのモデルを選んでもカスタマイズできる箇所に差異はないとのことですので、販売員とご相談の上、最もご自身の身体に合うものを選びましょう!

    シングルスーツの場合、ノッチドラペルのみとなっている為、ピークドラペルへの変更はできない事も3つのモデル全てに共通しています。

    また、スリーピースにする場合は¥15,000でベストが作れるとのことでした。

    固定料金の為、高級生地になればなるほど、スリーピースにするのがオトクに感じられますね。

    納期はパターンオーダーとしては少し長めで、4週間少々とのことです。

    タカシマヤスタイルオーダーサロンの仕様

    オーダースーツはサイジング命で、見た目的にはサイズが合っていればカッコよくは見えます。さらにスタイルオーダーサロンでは干場氏監修の下、現代的でウケの良いデザインを標準で採用しています。

    しかし、着ている本人の着心地はサイズとは別に、スーツの仕立てられ方、仕様に影響を受けます。具体的には襟と袖の仕様がスーツの着心地を左右します。

    襟はしっかりとアイロンワークを施して生地を首の形合わせて捻じ曲げることで、ジャケットを着た際の体圧を分散し、疲れにくく仕立てた「一枚襟」と、そういった作業をスキップして簡易的に立体感を作り出す「二枚襟」という仕様があります。

    スタイルオーダーサロンでは二枚襟を採用しているので、首への吸い付きのレベルは高くはありません。店舗規模や価格的にここまで求めるのは酷なので、仕方ないでしょう。

    袖については、肩の付き方やいせ量などが重要。前身頃に対して後身頃側の生地を多めに使い、それらをいせ込んで縫い合わせることで、可動域を担保しているわけですが、見るより着てみるのが一番。

    しっかりした仕立てのジャケットを着たことがある方が着れば分かると思いますが、スタイルオーダーサロンの仕立てレベルは標準程度で、袖の可動域の部分で嬉しい驚きを感じることはありません。

    実際に結局5万台のスーツってどこがオススメ?最高のオーダースーツが見つかる新宿の黄金ルートで、友人をあちこちのお店へ連れ回した際にも、タカシマヤスタイルオーダーサロンのスーツを着た友人の反応は、なかなか衝撃的なものでした。
    ※詳細は記事の方でご覧ください(笑)

    「サイズさえ合っていれば着心地も完璧!」のようなまやかしが、比較的お手頃なオーダースーツ業界にありますが、別にそういうわけではないよ・・・ということで、その仕組みを解説したのが「身体に合う」の嘘。フルオーダー信仰が崩壊し、既製品最強が生まれる理由です。
    タカシマヤスタイルオーダーサロンにしようかまだ悩んでいる方であれば、ぜひ一度ご覧ください。

    「俺評価。」は?


    ずばり、「不要」としました。一部ですが、同様の価格でより優れたテーラーは確実に存在します。

    評価方法の詳細については9割の人はテーラー選択ミス?「俺評価。」はじめましたをご覧ください!

    もちろん、タカシマヤスタイルオーダーサロンも決して悪い物を作っているわけではなく、極めて一般的な水準のスーツを仕立ててくださいます。

    初めてのオーダーする、もしくは干場氏の感性に心酔しているのであれば、不満を持つもこともないんじゃないかと思います。

    ただし、基本的には「初心者向けのテーラー」という理解で良いかとお思います。

    ちなみにタカシマヤスタイルオーダーサロンでは、スーツ以外にもカバン等も売っており、私もペッレモルビダのカバンは使用しています。

    ナイロンだからこそ雨の日でも使えますし、こちらについては特に不満も持っていませんよ!

    その名の通り、高島屋の一部店舗での対応

    タカシマヤ スタイルオーダーサロンは、日本橋、新宿、横浜、大阪、京都の高島屋に店舗を構えています。

  • 日本橋髙島屋S.C.店 本館6階
  • 新宿店 オム・メゾン6階
  • 横浜店 6階
  • 大阪店 5階
  • 京都店 4階

    ここまで見て、ある程度気持ちは固まってきたけど、本当にスタイルオーダーサロンだけ見て決めていいのか?という方もいるのではないでしょうか。

    実店舗と違い「やっぱり止めた」という意思決定がしやすいようにあれ、知らなかった!?東京でパターンオーダーできるお店まとめで各店舗を整理しておきました!しっかり比較検討してみてください!

    オーダーに向けた事前準備

    こちらはオプショナルですが、一流のビジネスパーソンとして、適切にスーツを着こなすための情報を以下にまとめましたので、ぜひご覧ください!

    そもそも論理的に一流のスーツスタイルとは・・・
    え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなし

    身体に合ったスーツとは・・・
    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとは

    差がつくポイントは・・・
    なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイント

    生地を選ぶ際のポイントや特徴は・・・
    素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違い

    パンツの裾上げの対処法は・・・
    知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法

    販売員と上手くやり取りを行う方法は・・・
    うんちく不要!販売員の知識を「運用」したスーツ購入法とは?

    スーツの着こなす上で最低限押さえるべきことは・・・
    意外と知らない?スーツを着る上での基本

    今後も、実際に私が袖を通した結果や、仕立てた結果、そして店員と話した経験などを、感覚論に終始せず論理と組み合わせて整理していきます。

    少しでも興味を持っていただけたら、是非Feedlyの登録Twitterのフォローを宜しくお願いします!