お手頃価格からコダワリのハンドメイドまで!吉田スーツでのオーダースーツ攻略


(出典:https://yoshida-suit.com/)
題名の通りですが、オーダー初心者向けのお手頃価格のスーツから、コダワリのハンドメイドスーツまでを取り扱っており、入店しやすい雰囲気のお店を見つけましたので、ご紹介します!

店名は吉田スーツ。ネットでも載っていたりするので、ご存知の方もいるかもしれません。

店名から、昔ながらのイケていないテーラーかと思いきや、そんなことはなく、その上お店の雰囲気も良く、初めての方でも安心です。

オーダーの分類は一応「イージーオーダー」

吉田スーツにおけるスーツのオーダーは一応イージーオーダーに分類されます。

フルオーダーほど自分の身体に合わせることはできませんが、型紙がある中から必要に応じて体型補正をかける為、本来のシルエットを崩さずに身体に合わせることができるという強みもあります!

ちなみに「一応イージーオーダー」という表現にしたのは、一般的なイージーオーダー同様に、ゲージ服を活用するものの、工場にある型紙をCADで修正した後、それを基に職人が客に合わせて型紙を引いているからです。

こういったひと手間を挟むことから、吉田スーツ自身は「イージーオーダーとフルオーダーの間」と評しています。

最近、フルオーダーと唄っているものの同業の他テーラーたちから「あれはイージーオーダーだろ」と反感を買っているお店も少なくないですが、もしかしたらそれらのお店も、CADベースで型紙を引いているのかもしれませんね。

その意味では、自身をフルオーダーだ!と呼称しない吉田スーツには好感が持てます。

また、+¥15,000にはなりますが、仮縫いをつけることもできるので、しっかりと身体に合わせにいくことができるでしょう。

・・・とイージーオーダーやらフルオーダーやら言いましたが、オーダーの種類や違いって分かりづらいですよね。

そんなわけで、徹底解説!オーダースーツの基本と種類。おまけで嫌な店員実態も…!にまとめました。

オーダーの種類別にどんなテーラーがあるのかも紹介している為、是非ご覧ください!

マシンメイドからハンドメイドまで用意された仕立て


(出典:https://yoshida-suit.com/order%E6%89%8B%E9%A0%86/)
吉田スーツがコダワリ派にまで応えられる理由がまさにココ!

仕立てのラインが3つあり、そのうち2つにハンドメイド工程が含まれているんです。

具体的には

  • ベーシック・ビスポーク・ライン
  • エグゼクティブ・ビスポーク・ライン(+¥40,000)
  • プレミアム・ハンド・ライン(+¥110,000)
  • の3つがあるのですが、ベーシックを除く2つにはハンドメイド工程が含まれています。

    プレミアム・ハンド・ラインは店頭にサンプルがなかったので、試着することもできなかったのですが、ベーシックとエグゼクティブについては、しっかりと確認できましたのでご紹介します。

    まず、ベーシックの場合、襟は一枚襟になっており、ハーフ毛芯で仕立てられています。

    一番お手頃なラインでも一枚襟で仕立てられていたので、「お、これは!」と食いつきました(笑)

    Mezzoforte Loungeでは何度も紹介していますが、一枚襟で仕立てる場合には、しっかりとアイロンワークに時間をかけて襟を曲げる必要があるため、そういった工程を経た襟は首への吸い付きが良くなるんです。

    次に、エグゼクティブの場合ですが、襟は二枚襟になっており、総毛芯で仕立てられています。

    ・・・あれ?

    ベーシックと異なり、ハンドメイド工程もこなせる工場を使っているにも拘わらず、襟が二枚襟になっています。

    二枚襟は、一枚襟のようなアイロンワークの工程を削減しても襟を立体的にできる仕立て方なのですが、当然首への吸い付きは甘くなってしまいます。

    +¥40,000のエグゼクティブの工場でわざわざ二枚襟にしているということは、考えられる可能性としては以下のどちらかだと思います。

    1. 一枚襟でもベーシックの工場のアイロンワークが甘く、二枚襟でもエグゼクティブの襟の吸い付きの方が勝る
    2. 襟についてはベーシックの工場の方がこだわっている

    前者であって欲しいような、後者であってほしいような・・・

    とはいえ、エグゼクティブはアームホールも小さめに設計されている為、肩回りが稼働しやすく着心地は良くなります。

    え、アームホールが小さくなると窮屈で着心地悪いんじゃ!?と思われがちですが、その辺の理由はオーダーを100倍楽しむ!王様の仕立て屋に学ぶ本場のナポリ仕立てをご覧ください!

    ちなみにベーシックとエグゼクティブいずれのゲージサンプルも、肩パッドも入った状態のため、少々重たく感じるかもしれませんが、肩パッドは抜くことも可能です。

    大きく2種類から選べるハウスモデル

    さて、仕立ての種類をご紹介したところで、吉田スーツのハウスモデルについてです。

    吉田スーツでは、ブリティッシュテイストなモデルとナチュラルショルダーのモデルの2つがあり、そこから希望に沿ってスタイルを作り上げていくそうです。

    前述の通り、ゲージサンプルには肩パッドが入った状態なので、何も注文を付けない状態ではパッと見で大きな違いは感じづらいかもしれません。

    が、ディテール指定する際、ラペルの幅の変更についてモデル別に最大値が異なる等の違いはあります。

    具体的には、ブリティッシュテイストのモデルだと9cmまで、ナチュラルショルダーのモデルは11cmまで0.5cm単位で変更できるそうです。

    選べる生地と価格

    生地は店舗に反物で多く並べてありますので、実際の手触りはもちろん、仕上がりイメージもしながら選ぶことができます。

    もう少し何かないかと思った場合にも、バンチブックが別に用意されているので、選択肢は十分かと思います。

    価格としては、以下のようになっています。

    (出典:https://yoshida-suit.com/blog/%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E8%A1%A8/)

    参考までに生地ブランド別の価格を一部ご紹介すると・・・

    • MIYUKI ¥69,000
    • CANONICO ¥59,000~69,000
    • Spence bryson ¥79,000
    • Ermenegildo Zegna (tropical) ¥89,000
    • Ermenegildo Zegna (cool effect) ¥89,000
    • Ermenegildo Zegna (trofeo) ¥139,000

    カスタマイズ概要

    さて、デザインのディテールについてです。

    袖ボタンは並びつけ、重ねつけは勿論、本切羽もオプション料金+¥3,000で対応頂けます。

    ポケットは、ノーマル、スラント、パッチポケットはもちろん、チェンジポケットもオプション料金無しで対応頂けます。

    ベントはセンターベント、サイドベンツ、フックベント、ノーベントから選ぶことができ、裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。

    裏地の素材はポリエステルが標準で、キュプラにする場合は+¥1,500~2,000になります。(エグゼクティブ・ビスポーク・ラインの場合は、キュプラが標準になります。)

    スリーピースにする場合は、前述の仕立ての種類によって価格が異なり、ベーシックで¥10,000、エグゼクティブとプレミアムで¥20,000になります。

    納期は、4~6週間程度とのことです。

    東京に3店舗展開する吉田スーツ

    吉田スーツは、いわゆる激戦区である銀座や青山などからは少し外れた場所に店舗を構えています。

    吉田スーツ国分寺店

    東京都国分寺市南町3-11-2

    吉田スーツ下北沢店

    東京都世田谷区北沢2-26-13

    ニュー&吉田スーツ

    東京都港区西新橋1-22-1

    オーダーに向けた事前準備

    こちらはオプショナルですが、一流のビジネスパーソンとして、適切にスーツを着こなすための情報を以下にまとめましたので、ぜひご覧ください!

    そもそも論理的に一流のスーツスタイルとは・・・
    え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなし

    身体に合ったスーツとは・・・
    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとは

    差がつくポイントは・・・
    なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイント

    生地を選ぶ際のポイントや特徴は・・・
    素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違い

    パンツの裾上げの対処法は・・・
    知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法

    販売員と上手くやり取りを行う方法は・・・
    うんちく不要!販売員の知識を「運用」したスーツ購入法とは?

    スーツの着こなす上で最低限押さえるべきことは・・・
    意外と知らない?スーツを着る上での基本

    オシャレな店内にもかかわらず、入りやすさもあるので、オーダー初心者の方でも嫌な思いをすることはないでしょうし、こだわりたい方にはハンドメイドも用意されています!

    吉田スーツでのオーダーもいかがでしょうか?

    スポンサーリンク
    mezzoforte lounge ads