耐えるべきは納期だけ?お手頃価格ユザワヤでのオーダースーツ攻略


(出典:http://www.yuzawaya.co.jp/ news/40545.html)
ユザワヤをご存知でしょうか。手芸や生地の専門店で、紳士服の生地についても取り扱っています。そんなユザワヤで実はスーツ・シャツともにオーダーが受け付けられており、ジェフユナイテッド市原・千葉のオフィシャルスーツサプライヤーも担っています。

そんなユザワヤ実はお値段もかなりお手頃ですので、ご紹介します!

スーツのオーダーの分類は「イージーオーダー」


ユザワヤにおけるスーツのオーダーはイージーオーダーに分類されます。Y、YA、A、Bといったサイズを選び、あとは採寸結果に合わせて体型補正をしていきます。ブリティッシュ、イタリアン、アメリカンといった分類になっているわけではないそうですので、形にこだわる場合は適さないかもしれません。

ユザワヤで選べるスーツ生地と価格

それではスーツ生地についてです。店舗に数多く並べてありますので、実際の手触りを感じながら選ぶことができます。本記事では、下北沢店で確認した生地をご紹介しますね。

  • Miyuki(御幸毛織) ¥48,000
  • Sir Midfield(サーミッドフィールド) ¥48,000
  • CERRUTI(チェルッティ) ¥48,000
  • Loro Piana(ロロピアーナ) ¥58,000
  • DORMEUIL(ドーメル) ¥58,000
  • Valentino Garavani(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) ¥98,000
  • LANVIN(ランバン) ¥98,000
  • Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)¥98,000

お手頃な価格ラインナップとなっています。同じブランドで価格を突き合わせるとビッグヴィジョンがだいたい同じ価格で提供しています。

ユザワヤでカスタマイズできる箇所と価格

さて、生地を選んだらデザインです。袖ボタンは並びつけ、重ねつけだけでなく、本切羽も+¥2,000で対応頂けます。ポケットについてもノーマル、スラントだけでなく、チェンジポケットも+¥2,000で対応頂けます。

ベントはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントから選ぶことができ、裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。スリーピース好きな方は+¥8,000でベストが作れるとのことでした。この価格でベストが作れるところはなかなかない為、スリーピースにする場合はメリットになりそうです。

その他のオプションにとしては、以下のようになっていました。

  • 消臭タグ加工 +¥1,620
  • 抗菌防臭裏地 +¥2,000
  • 台場仕立て +¥5,400

消臭や抗菌・防臭という加工は珍しいですね。

さて、そんなユザワヤですが、納期はなんと約8週間!・・・さすがに長いですね。お手頃価格を踏まえて、オーダー有無を検討すべきかと思います。同価格帯でもう少し早く受け取りたい、モデルもちゃんと選びたいという方はビッグヴィジョンの方がベターかなというのが個人的な感想です。ビッグヴィジョンの詳細については、既製品より安い!ビッグヴィジョンでのオーダースーツ攻略をご覧ください!

シャツのオーダーの分類も「イージーオーダー」


イージーオーダーのシャツは生地が本のように棚に並べられており、そこからお好きな生地を選んで作ることができます。

ユザワヤで選べるシャツ生地と価格、カスタマイズ可能な範囲

ポリエステル混紡になるとザラっとした肌触りになる上に、ポリエステルには水分を吸収する性質がない為、汗をかいた際に臭いが気になる可能性が高まります。その意味でも綿100%をオススメします。

ちなみに綿100%の中でも80番手の単糸だと肌触りはポリエステル混紡と大きくは変わらなくなります。逆に120番手の双糸になると今度は日常使いにはデリケート過ぎてしまいます。これらを踏まえると100番手の双糸が用いられるものが最もオススメです。

それではユザワヤでどういったシャツが揃っているかと言うと

  • 綿50% ポリエステル50% (白無地) ¥5,800⇒2着で¥9,800
  • 綿100% (白無地) ¥6,800⇒2着で¥6,800
  • 綿50% ポリエステル50% (色柄アリ) ¥7,800⇒2着で¥12,800
  • 綿100% (色柄アリ) ¥8,800⇒2着で¥14,800
  • 綿65% ポリエステル35% (クールマックス) ¥9,800⇒2着で¥15,800
  • 120番手 双糸 綿100% ¥11,000

生地を選んだら、次は襟です。
レギュラー、ホリゾンタル、ボタンダウン、ショート、タブ、ラウンド、デュエボットーニ、オープン、ウィングあたりから選択することができます。ちなみにオプションになりがちなクレリックは+¥500で対応頂けるようです。

襟を選んだら前みごろです。フレンチフロント(裏前立て)、プラケットフロント(表前立て)から選択することができます。

前みごろのデザインが決まったら、後ろみごろです。プリーツ無し、背ヒダ、表箱ヒダ、裏箱ヒダ、背ダーツ等から選択することができます。

後ろみごろのプリーツ有無が決まったら、カフスです。小丸型、中丸型、大丸型、角落型、ダブル、スクウェア、ターンナップ、ツインバレルあたりから選択することができます。

カフスが決まったらポケットです。ポケット無し、ホームベース型あたりから選択することができます。

ポケットまで決まったら、とうとうサイズです。採寸の上、ご自身の体型に合ったシャツを作りましょう! ちなみに納期は4週間とのことです。

全国各地にあるユザワヤだけれども、オーダーは関東中心!

ユザワヤは全国各地に店舗を構えています。・・・が、イージーオーダーを受け付けているのは一部店舗となっています。2018年6月5日現在では以下が対象です。
◆東京都

  • 蒲田店
  • キラリナ京王吉祥寺店
  • 銀座コア店
  • ビックカメラ立川店
  • ミーナ町田店
  • 丸井錦糸町店
  • 御徒町吉池店
  • 池袋店
  • 下北沢店
  • ◆埼玉県

  • 浦和パルコ店
  • 越谷レイクタウン店
  • イオンモール春日部店
  • ◆神奈川県

  • 横浜ベイクォーター店
  • あいたいセンター北店
  • 大和スカイビル店
  • ◆千葉県

  • 津田沼店
  • ◆兵庫県

  • 神戸店
  • 詳細所在地は公式サイトの店舗情報をご覧ください。

    オーダーに向けた事前準備

    オーダー専門店の場合こちらはオプショナルですが、ユザワヤでオーダーする場合はある程度しっかり押さえておいた方が良いかもしれません。というのも実際に店舗でやりとりをした販売員の方がそれほどスーツについて理解していなかったからです。飽くまで手芸や生地の専門店ということかもしれませんが、自分の意思を持って選択できる様、事前に準備しておく方が無難かと思います。

    まずは最低限かつ最重要なポイントを押さえておきましょう。それは「身体に合っているか」です。それがどういうことかについては、あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとはに詳細をまとめましたので、ご覧ください。

    さて最低限を押さえたら、あとは好みを選ぶ為のポイント!生地を選ぶ際には生地の特徴をある程度知っておくと検討材料になります。素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違いで丸っと押さられます。

    そしてオーダーではブリティッシュやイタリアン等のモデルの中から選ぶことになりますが、その違いが何かについては、なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイントでまとめていますので、チェックしておきましょう!

    聞かれても分からないままはぐらかしがちなパンツの裾!こちらの対処法は知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法でバッチリです。

    最後に、そもそも販売員と上手くやり取りを行う方法をうんちく不要!販売員の知識を「運用」したスーツ購入法とは?にまとめましたので、ここまで読んでおけばもう安心です!

    ユザワヤは値段がお手頃ですので、「自由度も欲しいけど、そんなに値段もかけすぎるわけにはいかない」というニーズにバッチリ応えてくれます。あとは8週間という期限をどう感じるか次第でしょうか。似た価格帯のビッグヴィジョンも含め検討してみてください!