【レビュー】現代人にオススメなのに全国で売り切れ!人気過ぎるdunhillの財布


(出典:https://www.dunhill.com/jp/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9_cod58044635va.html)
「スーツのポケットには何もいれない」

わかってる・・・わかってるけど、どうしても内ポケットに物を入れたい!ことってありますよね(笑)

たとえば、会社ケータイ。ビジネスパーソンであれば、いつ連絡がきても分かるように肌身離さずになりがちです。

スマホであれば、かさばらないので、内ポケットに入れてもジャケットの形も崩れません。

この場合は内ポケットに入れても問題ないでしょう。これもNGとか言い出すと現代人が着るにはスーツは不便過ぎます。

しかし、問題はサイフ。特に長財布です。

ランチ時に、長財布を内ポケットに入れたところ、ジャケットがボッコボコ・・・めっちゃみっともないです。

コレ実はつい最近までの私の悩みだったんです(笑)

これまでは仕方なく手で財布を持つようにしていましたが、もっとスマートな解決策がほしいところ。

今回はその解決策として買ったdunhillのコインケースをご紹介したいと思います!

支払いに対する基本スタンス

私はそもそも支払いの8割がクレジットカードかSuicaで、現金を使うことがほとんどありません

ただし、日本だとまだまだ現金のみ(特にランチタイムは)というお店もたくさんありますよね。

こんな時にいちいち長財布を持ち歩くのが、億劫で仕方なかったんです。

最初はカード等をしまうことも出来る革製の2つ折りのマネークリップで、お札だけ持ち歩こうかと考えていました。


しかし、海外と違って日本は500円という比較的大きな額まで硬貨が用意されています。

現金決済をしようものなら、相対的にコインを使う割合が高くなるわけです。

そうなるとコインの存在を無視できませんが、小銭入れと併用してしまっては持ち物が増えてしまうし・・・

そんな時に見つけたのが、今回ご紹介するdunhillのジップカードケースです!

人気すぎて日本全国で売り切れに

欲しいと思ってすぐに伊勢丹に向かったのですが、私が欲しかったネイビーやブラックは、既に日本全国で完売状態になっていました・・・

とはいえ、コーンフラワーブルーやホワイトはちょっと違うなと思い、諦めかけていたところ、「公式オンラインストアは、本国の在庫から出荷されるから買えるかもしない」と教えていただき、すぐにアクセス!

無事購入し、5日程度でイタリアから届きました!(イギリスのブランドですが、在庫はイタリアに抱えている様)

ちなみに似たようなミニウォレットが、ペッレモルビダから半額程度で出ています。

届いたジップカードケースの紹介


こんな感じのオシャレな箱で届きます。


箱を開けても袋があり、、、


袋をあけても更に箱が!じらされますね(笑)


最終的に出てきたジップカードケースがこちら!

ちなみに紐でついているのは保証性というか、不良品であった際にこの紐がついていれば、交換してくれるといった物だそうです。


裏返すとこんな感じ。(ほとんど変化ないですね笑)

表裏にカードが3枚ずつ計6枚入るようになっており、チャックを開ければ小銭を入れることもできます。

個人的に最低限サイフに入れておきたいカードは

  • 免許証
  • 保険証
  • キャッシュカード
  • の3つなので、予備枠も含め充分ですね。

    ちなみにクレジットカードとSuicaはスマホのケースにいれてありますので、このカウントからは外しています。

    そしてお札をどうするかですが、私は小銭入れの中に折りたたんで入れてしまっています。

    そんな状態を会食やデートで見せるのは、カッコ悪い!と思われるかもしれませんが、いずれの場合も私はクレジットカードで決済しているので、そもそも財布を出していません

    実際に使ってみた感想

    少しジップがカタいなという印象はありますが、胸ポケットにいれて持ち運べて、且つ薄いため、全くかさばらないのが最高です。

    とはいえ、コインもお札も入る量が多くはないので、現金主義で相当数のお札を持ち歩く方には向いていません。

    ただし、クレジットやQRコード等、決済方法が多様化している為、そういったものを積極的に取り入れている方には自信を持ってオススメできます。

    レビューの一覧としてまとめている通り、今後も私物をレビューしていきますので、是非、ご覧下さい!