【レビュー】本当に5万台!?仕立てが良すぎるZERBINOでスーツをオーダーしてみた感想


(出典:https://www.zerbino.info/item/custom.php)
日常使いするスーツを手が届くお値段で買いたい!オススメのスーツはどこですか?

そんな質問に答えるとしたら、まさにコレ!というのがZERBINO(ゼルビーノ)のカスタムラインのスーツです。

たしかにゼルビーノでは、国内最高峰の工場で仕立てるラグジュアリーラインや、イタリアの有名ファクトリーブランドPRINCIPE D’ ELEGANZA(プリンチペ・ディ・エレガンザ)と提携したナポリライン等の本格派の仕立てが目立ちます。

しかし!最もお手頃なカスタムラインも仕立ての良さは充分なクオリティ。

今回はそんなゼルビーノで仕立てたスーツをご紹介したいと思います!

ゼルビーノが取り扱ってるオーダーの全容については、圧倒的技術で着心地抜群!仕様と価格から見たゼルビーノのオーダースーツ考察をご覧ください。

オーダー内容

ざっとまとめると・・・

  • 基本形:段返り3つボタン、シングルブレスト
  • 仕立て:カスタムライン
  • 生地:MINOVA
  • ラペル:ノッチドラペル (幅9cm)
  • ポケット:水平ポケット
  • ベント:サイドベンツ
  • 袖ボタン:重ねつけ4つボタン
  • 裏地:総裏
  • パンツ:ワンタックのシングル
  • こんな感じでオーダーしました。

    金額はスリーピースで¥66,000(スーツ単体では¥54,000)!

    ナポリの雰囲気を出し、段返りの3つボタンにしましたが、生地の色柄はビジネスで使える無地の暗めのネイビーにしました。

    生地は元々¥49,000のブランドネームのない国産生地にしようとしていたのですが、同じ暗めのネイビーでも英国生地のMINOVAの光沢感が明らかに異なっていたので、こちらを選択。

    価格は少し上がりましたが、後悔は全くありません!

    仕上がったスーツのご紹介!

    まずは恒例、生地の証明(笑)

    正面から見るとこんな感じです。

    変なシワが出ておらず(特にジャケット)、すごく綺麗に仕上がりました!

    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとはでもご紹介しましたが、身体に合っていないスーツは、変なシワが多く発生します。

    今回仕上がったスーツは、そんなシワが全然出ておらず、かなり身体に合っている状態です。

    袖についても、意外と知らない?スーツを着る上での基本でご紹介したようなジャケットから少しシャツが覗くちょうどいい塩梅になりました!

    ちなみにベストを着るとこんな感じ。

    横から見るとこんな感じです。

    こちらも肩に全然シワが出ずとても綺麗に仕上がっています。

    パンツは今回始めてワンタックに挑戦した為、これまでのノータックと比べると少し余裕を持たせたシルエットになっています。

    それにしてもワンタックのは着心地の良さたるや。座る際のストレスの無さが圧倒的です。

    次に注目すべきは肩の部分の作りです。

    肩の部分の縫い目が一般的なスーツと比べ後ろ側へ向かっているのが分かりますか?

    こちらは、前肩・猫背向けの仕様で、カスタムラインのみで採用されいるそうです。

    前肩で且つ猫背なでという二重苦の私としてはとても嬉しい仕様ですね。

    その結果、後ろ姿を見てみると

    普段出がちなツキジワ(首の下あたりに出る横ジワ)が出ることもなく、比較的キレイな背中になりました!

    ちなみに細かい部分に目をつけると、襟は一枚襟になっています。

    襟の作りは首の吸い付きに直結する為、アイロンでじっくり人の首の形に合うように曲げる工程が必要です。

    一枚襟で仕立てている場合は、そのアイロンワーク工程をしっかり行った贅沢な作りで、首(正確には第7頚椎)に吸い付きも良好。

    比較的重めの生地を選んでも重さが分散される為、疲れにくくなります。

    ・・・が、やはり手すりの掴む仕草等を行うと少し首から離れてしまいます。

    ラグジュアリーラインではこれすら吸い付いたままなのですが、今回はカスタムラインですので、ここはご愛嬌。

    他にもこだわりの部分としては、細腹の無い二枚仕立てになっている事が挙げられます。

    「ん、細腹?二枚仕立て??」ってなりますよね。私もでした(笑)


    上図はジャケットを分解した絵です。

    一般的には前身頃、後ろ身頃そしてその間を繋ぐ細腹で構成された三枚仕立てとなっています。

    一方で、カスタムラインでも採用されているこの細腹を取り除き、前身頃と後ろ身頃で構成された二枚仕立てになっています。

    二枚仕立てにすることで、どんなメリットがあるのかという所ですが、ウエストの絞りをより利かせる事ができるようです。

    ZERBINOのスーツで二枚仕立てになっているのはカスタムラインのみとの事ですので、ウエストをグッと絞った細身の仕上がりを希望する場合はカスタムラインが良いかもしれませんね。

    ちなみに自分のスーツが二枚仕立てか三枚仕立てか知りたい場合はココを見ると分かります。

    先程の構成図と併せると分かりやすいですが、ダーツとは別の箇所にある繋ぎ合わせている箇所が裾まで入っているかがポイントですね。

    その他素材や副資材についてですが、裏地は吸湿性があり、静電気を起こしにくい高級素材のキュプラ100%が標準仕様となっており、芯地はハーフ毛芯となっているようです。

    オーダー時のポイントとゼルビーノの位置付け

    さて、ZERBINOのカスタムラインの特徴とオーダー時のポイントをお話します!

    ZERBINOでは複数の仕立てのランクがありますが、ここではまず一番お手頃価格のカスタムラインの特徴を掴みましょう。

    良いスーツとして押さえるべき重要なポイントは①フィッティング、②生地、③仕立ての3つです。

    ゼルビーノはいずれにおいても優れていますが、特筆すべきは③の仕立ての良さでしょう。

    詳細は後述しますので、まずは①のフィッティングからご説明します。

    ゼルビーノはイージーオーダーを採用しており、調整できる箇所が多くあります。

    ②生地については、店舗に出ていないものを含めると1億種類ほどあるそうで、ビジネスシーンに適したものは勿論、私服用に遊びのきいたものまで揃っています。

    生地の価格も破格の安さ!というわけではありませんが、実は1着あたりの価格はグローバルスタイルや麻布テーラーより安いんです。

    ただこれは今回のように仕立てのランクをカスタムラインにした場合で、仕立てのランクをラグジュアリーラインにすると生地価格に+¥40,000となるので、ホイホイとは買えなくなります。笑

    さてお待ちかね③の仕立てについてです。

    こちらは工程別(採寸⇒型紙選出&微調整⇒カッティング⇒縫製&アイロンワーク)にもう少し詳細に見ていきましょう。

    採寸については、オーダー初心者向けのブランドと比べると採寸箇所が多く、丁寧です。

    初心者で知識がないとダメかというと、そんなこともなく、しっかり提案してもらえます。

    というか店員の方のこだわりも強いので、どんどん提案してもらえるでしょう笑

    詳細にこだわり無ければ、「ビジネスシーンで利用できるもの」ということだけ頑なに主張すれば充分です。

    次に、型紙選出&微調整については。イージーオーダーですので、基本のモデルがありつつもCADで補正されて、身体に合った型紙が仕上がります。

    フィッティングで語った通り、調整できる箇所は多いです。

    生地のカッティングは、マシンメイドの為、採寸結果に合わせて規格通りに裁断されます。

    フルオーダーで技術あるカッターが対応する場合は、人間の身体の動きや体型の変化も勘案した裁断を行いますが、そういったことはさすがに期待できません。

    縫製は今回のカスタムラインの場合は、マシンメイドになりますが、国内の選りすぐりの工場で作られています。

    アイロンワークについては、一枚襟を採用していることからも分かる通り、一般的なものよりも手間をかけています。

    ・・・が、正直ベースで言うと、仕立てのランクがカスタムラインだと、残念ながら羽織った瞬間の着心地に劇的な変化が生まれる程ではありません。

    ただし、既出の写真の通り、全然シワの出ないフィッティングや前述の仕立てへのこだわりは、他人から見え方は勿論、長時間着ている際の疲れの少なさとして現れます。

    ちなみに仕立てのランクをラグジュアリーラインに変えると服飾業界でない我々一般の人でも、羽織った瞬間に気付くレベルで着心地が良くなりますよ!

    ・・・というわけで、ゼルビーノの特徴をまとめると、

  • 仕立てへのこだわりが凄く、コスパが良すぎる!
  • イージーオーダーなのに高いレベルでのフィッティングが実現できる!
  • 生地も豊富な中から選ぶことができ、価格も実は比較的抑えめ!
  • かなと思います。

    ゼルビーノはどんな人向き?

    ゼルビーノで特にカスタムラインでのオーダーに向いているのは、

  • 価格は抑えて、一段上のオーダーをしたい人
  • かなと思います。

    新宿、銀座、虎ノ門の3店舗しかありませんが、個人的にかなりオススメのお店です。

    これまでオーダー初心者向けのブランドで、いまいち満足いかなかった人こそ、違いを知れると思います。

    今後も、実際に私が袖を通した結果や、仕立てた結果、そして店員と話した経験などを、感覚論に終始せず論理と組み合わせて整理していきますので、少しでも興味を持っていただけたら、是非Feedlyの登録Twitterのフォローを宜しくお願いします!