店舗は展示エリア?Fabric Tokyoでのオーダースーツ攻略


(出典:https://fabric-tokyo.com/pages/2017-fw08-first-time-order/?vialink=about)
Fabric Tokyoをご存知でしょうか。店内は一般的なテーラーとは異なり、まるでアップルストアのようなデザインになっています。

店舗の在り方にも新しい試みがあり、店内での経験を生地選びと採寸に特化させ、気に入った生地はQRコードで読み込み、購入は家に帰ってからゆっくり吟味した上でアプリで行うという切り分けも行われています。

こうすることで、店員に言われるがままオプションを上乗せされている感覚なく、自分の意思でゆっくりとオーダーすることができるというわけです。

全体的にDIFFERENCEと似たようなシステムにはなっていますが、店舗の特化のさせ方はより尖っている印象です。

一方、購入まで店舗で行いたい方も少なくないかと思いますが、そんな方でも安心。

一般的なテーラーと同じく店舗で購入まで行う店舗も当然ありますので、どちらにも対応可能です。

今回はそんなFabric Tokyoでのスーツのオーダーを徹底解剖したいと思います!

ちなみに前述のDIFFERENCEについては、佐藤可士和氏が監修!DIFFERENCEでのオーダースーツ攻略にまとていますので、こちらも併せてご覧ください!

スーツのオーダーの分類は「イージーオーダー」

Fabric Tokyoにおけるスーツのオーダーはイージーオーダーに分類されます。

用意されたゲージモデルの中から基本的な形を選び、あとは採寸結果に合わせて体型補正をしていきます。

イージーオーダーでは、フルオーダーほど自分の身体に合わせることはできません。

しかし、なで肩や猫背などの方が下手に完全に自分の身体に沿ったスーツを作るよりは、ある程度カッコいいシルエットがある中から補正する方がスマートなスーツが仕上がったりもします。

好みもあるかとは思いますが、フルオーダー至上主義というのはちょっと違うのでは?というのが個人的な考えです。

とはいえオーダーの種類とそれぞれの違いって実はあまりちゃんと理解されていなかったりもします。

そんなこともあろうかと、徹底解説!オーダースーツの基本と種類。おまけで嫌な店員実態も…!にまとめましたので、是非ご覧ください!

予算や体型も含め、実際どのオーダーが良いかは検討が必要です。

Fabric Tokyoで選べる生地と価格

Fabric Tokyoでは約300種類にも及ぶ生地が取り扱われていますので、店頭で実際の手触りを感じながら「これだ!」という生地を選ぶことができます。

価格帯も分かりやすく公式サイトに掲載されていますが、一部こちらにも記載しておきますね。

  • シルクウール ¥105,000
  • TALLIA DI DELFINO ¥95,000
  • TRABALDO TOGNA ¥85,000
  • DRAGO ¥85,000
  • 水の都 ¥75,000
  • MARLANE ¥75,000
  • CANONICO ¥75,000
  • PAULO OLIVEIRA ¥65,000
  • SOLARO ¥65,000
  • サマーウールシアサッカー ¥59,800
  • New Zealand Wool ¥59,800
  • オリジナル ¥49,800〜59,800
  • クールマックスウール ¥49,800
  • ポリエステルウール ¥37,800〜¥44,800

オリジナル生地であり、尾州の木曽三川の伏流水を染色過程に使った「水の都」については、紹介動画がYoutubeに上がっていますので、ご紹介します!


高島屋もイージーオーダースーツにて尾州を押し出す等、改めて国産生地の良さが見直されていますね。

Fabric Tokyoのカスタマイズ概要


(出典:https://fabric-tokyo.com/pages/guide/?vialink=header)
さて、生地を選んだらデザインです。

Fabric Tokyoのハウスモデルは1種類のみの為、ブリティッシュやイタリアンといった類から選ぶわけではなく、飽くまで1つのサンプルから体型に合わせて調整・補正を行っていきます。

ちなみにブリティッシュやイタリアンといった形についてはなぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイントにまとめていますので、気になる方ご覧ください。

それではFabric Tokyoで選択可能なディテールについてです。

まず、袖ボタンは重ねつけが基本で、+¥3,000で本切羽にも変更可能です。

ポケットは、ノーマルやスラントから選ぶことができ、チェンジポケットも+¥1,000で対応頂けます。

ベントはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントから選ぶことができ、裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。

またスリーピースが好きな方は、生地の値段に応じて値段が異なりますが、+¥10,000〜20,000でベストを作ることができます。

具体的には

  • ¥85,000以上の生地 ⇒ ¥20,000
  • ¥75,000の生地 ⇒ ¥15,000
  • ¥59,000〜¥65,000の生地 ⇒ ¥13,000
  • ¥49,000の生地 ⇒ ¥14,000
  • ¥44,800の生地 ⇒ ¥13,000
  • ¥37,800の生地 ⇒ ¥13,000
  • となっています。

    納期は、4週間程度とのことです。

    オンラインでの購入時に納期が表示されますので、店員に確認せずとも、だいたいいつ頃の仕上がりになるのかを知ることができます!

    東京を中心に店舗を展開するFabric Tokyo!

    Fabric Tokyoは全8店舗のうち6店舗が東京にあります。具体的には

  • 銀座店
  • 表参道店
  • 吉祥寺店
  • 渋谷MODI店
  • 新宿店
  • 秋葉原店
  • 日本橋店
  • 横浜店
  • となっており、銀座、表参道、吉祥寺店については冒頭で触れた生地選びと採寸に特化させた店舗になっているようです。

    いずれの店舗であっても採寸をプロに実施してもらう以上、関東にいないと購入が厳しいように感じられます。

    しかし、ネックは採寸の部分だけですので、地方にお住いの方であっても、東京に立ち寄る際に採寸のみ済ませておくと、以後は全てアプリから購入可能です!

    ちなみに生地についても気になったものがあれば、現物を発送もらえるので、実店舗にいちいち見に行く必要もありません。

    オーダーに向けた事前準備

    こちらはオプショナルですが、一流のビジネスパーソンとして、適切にスーツを着こなすための情報を以下にまとめましたので、ぜひご覧ください!

    そもそも論理的に一流のスーツスタイルとは・・・
    え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなし

    身体に合ったスーツとは・・・
    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとは

    差がつくポイントは・・・
    なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイント

    生地を選ぶ際のポイントや特徴は・・・
    素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違い

    パンツの裾上げの対処法は・・・
    知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法

    販売員と上手くやり取りを行う方法は・・・
    うんちく不要!販売員の知識を「運用」したスーツ購入法とは?

    スーツの着こなす上で最低限押さえるべきことは・・・
    意外と知らない?スーツを着る上での基本

    オーダースーツの新しい形を提唱しているFabric Tokyoで、ぜひオーダーにチャレンジしてみてください!

    スポンサーリンク
    mezzoforte lounge ads