圧倒的技術で着心地抜群!仕様と価格から見たゼルビーノのオーダースーツ考察


(出典:https://www.zerbino.info/concept/)
「え、最高すぎる・・・なんだコレ」

ZERBINO(ゼルビーノ)のサンプルに袖を通した時の感想でした。

余すことなく発揮された仕立ての良さは、本質的な価値を求める人に最適!

昨今のよくあるパターンオーダーとは明らかに一線を画しています。

今回はそんなゼルビーノでのスーツのオーダー内容を徹底解剖したいと思います。

※褒めちぎっていますが、ゼルビーノの回し者ではありません(笑)

気に入りすぎて、私も3回もオーダーしています!
【レビュー】本当に5万台!?仕立てが良すぎるZERBINOでスーツを作ってみた感想
【レビュー】他のジャケットはもう不要?ZERBINOでLux lineをオーダーしてみた感想
【レビュー】完全に趣味の領域!ナポリの技術すら実現するゼルビーノLuxury Lineでスラックスをオーダーした感想
をご覧ください!

スーツのオーダーの分類は「イージーオーダー」

ゼルビーノにおけるスーツのオーダーはイージーオーダーに分類されます。

CADで型紙を作成し、採寸結果から体型補正も行うことができるため、フルオーダーのように完全に身体に合わせることはできないものの、かなり身体に合わせたスーツが仕上がります。

実際、ボタン位置やアームホールの高さ、肩パッドの有無等、変更できる箇所も多くあります。

自由度が高くとも美的感覚を重視しているため、身体をキレイに見せるこだわり型を大きく崩さない想いは強いテーラーです。

その想い故に、極端なナローラペル、非常に短い着丈等のミーハーな要求は通りづらいかもしれませんね。

一流のビジネスパーソンが着るべきスーツの形としては納得感がありますので、異論ナシです!

まさかのイタリアのサルトも選べるゼルビーノの仕立て


(出典:https://www.zerbino.info/item/napoli.php)
オーダースーツはサイジング命で、見た目的にはサイズが合っていればカッコよくは見えます。

が、着ている本人の着心地はサイズとは別に、スーツの仕立てられ方、仕様に影響を受けます。具体的には襟付けと袖付けの仕様がスーツの着心地を左右します。

ゼルビーノでは仕立てを3つのランクから選ぶことができますが、どれも高いレベルで仕立てられているのが特徴。もちろん、高いレベルの中でもさらにランクを上げると異次元の世界が見えてきます。

Custom Line

    最もお手頃のラインながら、一枚襟、天然(本水牛/ナット/貝)ボタン、キュプラ素材の裏地、AMFステッチ、襟ヒゲ、バルカポケット等が標準仕様となっており、縫製も国内で行われています。

    特に注目すべきはしっかりとアイロンワークを施して生地を首の形合わせて捻じ曲げることで、ジャケットを着た際の体圧を分散し、疲れにくく仕立てた「一枚襟」。

    この作業をスキップして簡易的に立体感を作り出す「二枚襟」とは着心地に差が出ます。

    また副資材についても、ほぼ全体に毛芯が使われているため、耐久性には全く問題ありません。

    前身頃の下の方だけわずかに接着芯ですが、一般的なパターンオーダーにも接着芯が多いので、他店と比べて劣る理由にはなりづらいでしょう。

Luxury Line

    価格:Custom Lineの+¥40,000

    Custom Lineと同じく一枚襟、キュプラ素材の裏地、AMFステッチ、天然(本水牛/ナット/貝)ボタン、襟ヒゲ、バルカポケット等が標準仕様となっており、国内最高峰の縫製工場で仕立てられます。。

    毛芯は総毛芯仕立てを基本とし、接着芯を使用しないと縫製できない素材の場合のみ、接着芯との併用となります。

    型紙作成、縫製、プレスなどの工程を増やし、ハンドメイドに近い作りを実現しており、プレス機に頼らず1着1着、職人の手作業によるアイロンワークが施されています。

    ハッキリ言って異次元の着心地です。袖を通すと軽さと柔らかさに驚きを隠せなくなります。

    襟付けはもちろん、袖付けも可動を妨げない素晴らしい作り。そして副資材の毛芯も柔らかいものを使用しているので、「着ている」というより「羽織っている」という感覚が近いです。

Napoli Made

    価格:上2つとは別の価格設定方法を採用。生地込みで24万〜

    値段だけ見ると高いなあと感じてしまいますが、このナポリラインがゼルビーノでオーダーする最大のメリット。

    なんとイタリアの職人たちに仕立ててもらえるんです!

    イギリスのサヴィル・ロウやイタリアのサルトに憧れても、日本にいると海外でのオーダーはなかなかハードルが高いですよね・・・

    そんな中、ゼルビーノではファクトリーブランドPRINCIPE D’ ELEGANZA(プリンチペ・ディ・エレガンザ)の職人の仕立てが手に入ります!

    イタリアってだけで値段とってるのでは?と疑う方もいるかもしれませんね。

    案ずるなかれ、こちらの工場には、かの有名なキートン等で名品を手がけてきた職人達が集っています!

    実際に来てみると、スーツを着てストレス無く屈伸ができるってどういうこと?笑ってなります。いや、本当に。

    正直、パジャマにして寝てもストレスかからないだろうなと思えるレベルです(笑)

買い付け故に現存するヴィンテージ生地も


(出典:https://www.zerbino.info/blog/page/7)
ゼルビーノの生地は大半が買い付け。(もちろんバンチブックもあります)店舗に行くと生地の量に圧倒されるレベルです。

とはいえ、その量と展示の仕方故に選びづらいのも正直なところ・・・(汗)

自らゼロベースで選ぶよりも、店員に自分のイメージを伝え、相談しながら選ぶほうがベターでしょう。

探すのが億劫な方向けにブランド別の生地の値段を一部ご紹介しますね。

  • ウール/ポリエステル混紡 ¥39,000
  • CERRUTI ¥45,000
  • ウール100% ¥49,000
  • ヴィンテージ生地 ¥49,000
  • DUCA VISCONTI ¥49,000
  • ANGELICO ¥52,000
  • TALLIA DI DELFINO ¥52,000~88,000
  • MINOVA ¥54,000
  • Alfredo Rodina ¥54,000
  • DORCHESTER ¥54,000
  • Spence Bryson ¥59,000
  • Clissold ¥59,000
  • J&J MINNIS ¥59,000
  • Chester Barrie ¥59,000
  • EMPIRE MILLS ¥59,000
  • Smith & Wilson ¥59,000
  • GIEVES & HAWKES ¥59,000
  • ZIGNONE ¥59,000
  • Quaregna ¥64,000
  • TRABALDO TOGNA ¥64,000
  • LASSIERE MILLS ¥64,000
  • REDA ¥64,000
  • TORABALDO TOGNA ¥64,000
  • CANONICO ¥69,000
  • SAVILE CLIFFORD ¥69,000
  • LUIGI BOTTO ¥69,000
  • CHARLES CLAYTON ¥69,000
  • HIELD ¥69,000
  • William Halstead ¥69,000
  • Dugdale Bros ¥69,000
  • CACCIOPPOLI ¥69,000
  • GUABELLO ¥74,000
  • DORMEUIL ¥74,000~79,000
  • Bulmer & Lumb ¥74,000〜79,000
  • SCABAL ¥74,000〜99,000
  • CARLO BARBERA ¥79,000
  • Quaregna ¥79,000
  • HOLLAND & SHERRY ¥79,000
  • ARISTON ¥79,000
  • Loro Piana ¥88,000
  • Fox Brothers ¥99,000
  • HARRISONS of EDINBURGH ¥99,000
  • Ermenegildo Zegna ¥99,000
  • Fintex of London ¥99,000

価格は仕立てをCustom Lineにした場合です。Luxury Lineの場合は+¥40,000になります。

ちなみに仕立てとしてNapoli Madeを選んだ場合は、上記の生地価格はあまり意味をなさなくなります。

¥69,000ぐらいまでの生地であれば、仕立て代込みで24万。一方でゼニア等の生地を選ぶと仕立て代込みで32万になります。

ゼルビーノのカスタマイズ概要


(出典:https://www.zerbino.info/order/)
それでは、ゼルビーノで選択可能なデザインについてです。

袖ボタンは並びつけ、重ねつけはもちろん、本切羽にも対応頂けます。本切羽はCustom Lineで+¥2,000、Luxury Line+¥3,000、Napoli Madeは標準仕様です。

ポケットはノーマル、スラントだけでなく、チェンジポケットまで対応頂けます。チェンジポケットはCustom Lineで+¥1,000、Luxury Line+¥1,600、Napoli Madeは無料で選択可能です。

ベントはセンターベント、サイドベンツだけでなくノーベントも選択できますので、ビジネス用もフォーマルウェア用も作ることができます。

裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。型崩れしにくくもなりますし、基本的には総裏にすることをおすすめします。

スリーピースが好きな方は、+¥12,000〜¥30,000程度でベストまで作ることができます。もう少し具体的には
Custom Line

  • ¥39,000~¥69,000の生地の場合、ベストは¥12,000
  • ¥74,000~¥99,000の生地の場合、ベストは¥15,000

Luxury Line

  • ¥79,000~¥109,000の生地の場合、ベストは¥25,000
  • ¥74,000~¥99,000の生地の場合、ベストは¥30,000

納期についても、仕立てによって異なります。Custom Lineでは4週間、Luxury Lineでは5週間、Napoli Madeでは8週間です。

Napoli Madeはイタリアで仕立てられる為、やはり少し長めにはなりますね。

「俺評価。」は?


結論、どの仕立てランクでオーダーしても、価格同等かそれ以上のクオリティで応えてくれます。

まずCustom Lineについては、基本的に「イチオシ」としています。価格対比でここまでの水準で仕立ててくれるテーラーはほぼありません。

しかし、8万越えの生地を選んだ場合には、「良し」に留めました。というのも、反物で買い付けているテーラーですので、比較的お手頃に高級ブランド生地で仕立てることができますが、8万を超える場合には、

  1. その価格その生地のスーツが仕立てられることに満足するか?
  2. 追加で4万出してその生地をより活かしたLuxury Lineで仕立てるか?
  3. 飽くまで予算は据え置きつつ、別生地でLuxury Lineで仕立てるか?

あたりを検討すべきだと思うからです。

たとえば極端な話、Custom LineでErmenegildo Zegnaを¥99,000で仕立てるよりも、Luxury LineでChester Barrieを¥99,000で仕立てる方が気に入る場合もあるということです。

よくスーツというと、したり顔で生地ブランドがどこかを気にする人がいますが、仕立ての部分をナメてはいけません。たしかにゼニアは素晴らしい生地ブランドですが、仕立てのレベルが異次元に突入すると「生地ブランド名」で選ぶのはバカバカしくなるでしょう。

次にLuxury Lineについて。これは全面的に「イチオシ」です。議論の余地ナシです。

これで文句があるなら、ほとんどのテーラーは気に入らない可能性が高いですし、ビスポークで自分の思うままのスーツを仕立てることをオススメします。

最後にNapoli Lineについて。これは仕立てのレベルはLuxury Lineをさらに上回る非常に高度なものとなっていますが、「良し」です。

着心地は極上ですが、さすがに価格が高すぎるからです。品質には何の文句もありませんし、品質対比の価格としてむしろ安いぐらいかもしれませんが、富豪でなければホイホイと手を出すことのできる価格ではないでしょう。

スーツ好きの方であっても場合によってはLuxury Lineで2着作る方が満足感が高いかもしれません。それくらいLuxury Lineの仕立ては素晴らしいです。

評価方法の詳細については9割の人はテーラー選択ミス?「俺評価。」はじめましたをご覧ください!

小規模で良い仕立てにこだわる店舗展開

ゼルビーノは、大規模生産により仕立てが機械的・直線的になることを忌避しているようです。

そんな考えから、店舗展開は積極的ではなく、新宿・虎ノ門・銀座の3店舗のみとなっています。

新宿店も銀座店も、新宿や銀座でメイド・トゥー・メジャー(パターンオーダーおよびイージーオーダー)で探すなら、Zerbinoは最良の選択肢だと言えるでしょう。

  • 新宿店

    【参考】結局5万台のスーツってどこがオススメ?最高のオーダースーツが見つかる新宿の黄金ルート

  • 銀座店

    【参考】予算3〜6万でOK!最高のオーダージャケットが見つかる銀座の黄金ルート

  • 虎ノ門店

    ここまで見て、ある程度気持ちは固まってきたけど、本当にゼルビーノだけ見て決めていいのか?という方もいるのではないでしょうか。

    実店舗と違い「やっぱり止めた」という意思決定がしやすいようにあれ、知らなかった!?東京でパターンオーダーできるお店まとめで各店舗を整理しておきました!しっかり比較検討してみてください!

    オーダーに向けた事前準備

    こちらはオプショナルですが、一流のビジネスパーソンとして、適切にスーツを着こなすための情報を以下にまとめましたので、ぜひご覧ください!

    そもそも論理的に一流のスーツスタイルとは・・・
    え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなし

    身体に合ったスーツとは・・・
    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとは

    差がつくポイントは・・・
    なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイント

    生地を選ぶ際のポイントや特徴は・・・
    素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違い

    パンツの裾上げの対処法は・・・
    知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法

    販売員と上手くやり取りを行う方法は・・・
    うんちく不要!販売員の知識を「運用」したスーツ購入法とは?

    スーツの着こなす上で最低限押さえるべきことは・・・
    意外と知らない?スーツを着る上での基本

    ナポリラインは勿論、ラグジュアリーラインも個人的にめちゃくちゃオススメです!しっかりしたイギリス生地で仕立てても着心地が柔らかく、腕が凄くラクに動きます。

    今後も、実際に私が袖を通した結果や、仕立てた結果、そして店員と話した経験などを、感覚論に終始せず論理と組み合わせて整理していきますので、少しでも興味を持っていただけたら、是非Feedlyの登録Twitterのフォローを宜しくお願いします!