【企画】だからレンタル!試着じゃできないsuitsbox活用術


(出典:https://www.makuake.com/ project/suitsbox/)

suitsboxは2018年11月14日にサービス終了が発表されました。

スーツは「身体に合っている」ことが最重要である、とMezzoforte Loungeで繰り返しお伝えしてきました。これは大前提ですが、身体に合っていても自分に似合っているのか、というのは気になってしまいますよね。

スーツ購入時に試着をすれば、大きな失敗は避けられます。しかし、試着室の鏡で見た自分と購入後実際に着てみた自分がなんか違う・・・なんてこと、ありますよね。(お店の照明と鏡は上手いことできてるんだなあ・・・)

また、自分の中での満足度はあるけど、周りからの評判はあんまり良くなかったなんてこともあります。これはいくら試着しても、本質的には解決しない問題です。

スーツは安くないお買い物になる為、購入前に着心地や周りの反応を含め確認したい・・・そんな要望に応えてくれるのが、レンタルサービスです!レンタルしたスーツを着て出社すれば、何かしら周りからのフィードバックがあるはず。それを基に本購入するかを決めれば良い、ということです。

今回は話題のsuitsboxを使って、スーツ購入前の検討をしてみたいと思います。ちなみにsuitsboxが何かについては、【企画】買わずに借りる?話題のsuitsboxで注文してみた感想をご覧ください!

suitsboxで試せる範囲


先にお伝えすると、suitsboxでは詳細アイテムの指定ができません。かなりピンポイントでのチャレンジはできないことを事前に理解しておきましょう。その上でどんなものが試せるかというと・・・

  • サイズ
  • ダブルブレストのスーツ
  • スリーピース
  • ポケットチーフ
  • ジャケパンスタイル

あたりが主になるかなと思います。

サイズとはどういうことかというと、既製品であっても身体に合わせてぴったり目を着たい際のお試しに使えるということを意味しています。既製品となると100%自分の身体に合ったスーツを購入できることはまずない為、既製品の中でより自分の身体に近いサイズを選ぶことになります。こういった時にsuitsboxが使えるんです!試着で充分と感じるかもしれませんが、そのスーツを着て1日仕事をしてみたら、試着では気付くことのできない着心地やフィッティングの違和感が分かるはずです。

次にダブルブレストのスーツ。いわゆるダブルスーツは、職場の雰囲気や業界によってはかなりチャレンジングになると思います。最近はクラシック回帰もあり若者が着れるスタイリッシュなダブルスーツが出てきていますが、時代遅れと感じる方々も少なくないです。・・・だからこそです!suitsboxで職場にジャブを打ってみましょう。(当然ですが、大事なクライアントとのミーティング等でジャブ打つのは止めましょうね笑)

他にもスリーピースやポケットチーフはなんだかキザな印象にならないか、不安になったりしますよね。(ポケットチーフはともかく、スリーピースはカッコいい以外のコメントをもらったことがないので、そこまで不安がらずに挑戦してみた方が良いかもしれません!)

あとはジャケパン。シンプルに自分で選ぶのが難しいですよね。色ってどういう組み合わせにするべきなのか、素材はどうしたらいいのか。でもクールビズの際には挑戦してみたい・・・!という方も多いかと思います。

悩んでから購入するのも楽しいですが、少しでも迷いがあるならレンタルしてお試し期間を設ける方が安心できますよね!最悪印象が良くなければ、返品すれば良いだけなので、最も安いeconomyプランであれば¥8,424(税込)で済みます。これが購入だとしたら¥40,000以上・・・想像するだけで青ざめますね。

リスクヘッジこそがsuitsboxの上手な活用術


(出典:https://suitsbox.com)
前述の通りですが、現時点の価格帯だとリスクヘッジこそがsuitsboxの真髄なんじゃないかなと個人的には思っています。というのも長期間継続して借り続けていると、購入するよりも高くついてしまうからです。

たとえば、最も安いeconomyプランであっても¥8,424する為、クールビズ期間中に5ヶ月も借り続けると ¥50,544になります。suitsboxで取り扱っているスーツはAOKIの製品なので、¥50,000あればスーツ1着+ネクタイ+シャツを一式購入することができるでしょう。また、いくら、レンタルだとクリーニングに出さなくていいとはいえ、そもそもクリーニングなどシーズンに1回出せば充分なものなので、頻発する出費でもありません。

1シーズンのみであれば、トントン程度なので良いかもしれませんが、こちら年間通して借り続けるのであれば、間違いなくオールシーズンもののスーツを購入してしまった方が安くつきます。ちなみにこれはstandard+でもlightでも同様です。

こういったことから、個人的にはsuitsboxはリスクヘッジに使うのがベストなのではないかと思います。冠婚葬祭で使えたら、仕事でスーツ着ない方にも便利だと思うのですが、飽くまでビジネススーツのみのレンタルとなるようです。(抑えめなネイビースーツであれば、若い方の結婚式等では全然問題なく着れますけどね!例のごとくアイテム指定ができないので、結婚式にsuitsboxに賭けるのはちょっと怖いですが笑)

もちろんですが、ファッション大好きで、頻繁に着るスーツを変えたい方は長期でレンタルしても満足度は高くなると思います。「本当に好きならむしろ購入してるよ!」と言われてしまっては何も言い返せませんが・・・

さっそくチャレンジ

さて、活用法はご紹介したものの、やはりどんなスーツが届くのか、どこまで指定できるのか不安かと思いますので、試しにダブルスーツ指定が可能かを、問い合わせてみました。
(以下、原文ママ)

suitsboxでは品番でのご指定はお受けしておりませんが色柄やディテールのお好みはお伺いし、なるべくお客様のお好みのスーツをお送りできるよう、対応させていただいております。(在庫の状況等によりお受けできない場合もございます。)次回、ダブルブレストの商品をお送りさせていただきます。是非ご着用いただき、ご意見ご感想などお伺いできれば幸いです。

ご丁寧な回答を頂き、ありがとうございます。アイテム指定ができないのは公式サイトのFAQにも書かれており、認識していたのですが、「ダブルブレストのスーツ」という単位でお願いできるのかは定かでなかった為、安心しました。

そんなわけで、今回は色や柄は落ち着きつつも、ダブルブレストのスーツをお願いしてみようと思います!ちなみにカタい業界でも使えることを想定して、落ち着いたネイビーのシングルスーツを依頼した際の結果については、【企画】ついに到着!話題のsuitsboxをさっそく着てみた感想でご紹介しておりますので、是非ご覧ください!

依頼内容

サイズは前回から基本的に変更無しです。(パンツはキツかったので2cmウエストを大きくしました。)

スタイルは、ベーシックスタイル・トレンドスタイル・ジャケットスタイルから選ぶことができますが、今回はビジネス向けかつ古くさ過ぎないダブルブレストのスーツが借りたいので、「ベーシックスタイル」と「トレンドスタイル」を選択します。

色についてはブルー・ライトグレーなど全12色から選択できますが、スーツの形が華やかな為、色は抑えめに。やはり「ブルー」を再度選択しました。

職種については、エンジニア・金融・サービス・事務・セールス・クリエイター等から選択できますが、今回も最もカタい職場を想定して、「金融」を選択します。あんまり奇抜なスーツとか送られてきても困りますので・・・笑

所有シューズについては、ブラック・ダークブラウン・ブラウンから選択できますが、こちらも引き続き「ブラック」・「ダークブラウン」を選択しました。

最後のフリーフォマットのスタイリング要望ですが、こちらにダブルブレストのスーツを着たい旨を改めて記載しました!

さて、いったいどんなスーツが届いたのかは、【企画】ついに到着!話題のsuitsboxをさっそく着てみた感想でレポートしましたので、こちらも是非御覧ください!

スポンサーリンク
mezzoforte lounge ads