【レビュー】1着3万以下で高品質ウール!ONLYでミニマルオーダーしてみた感想


(出典:https://ec.only.co.jp/lp/minimalorder/)
毎日スーツを着る仕事であれば、どの年収の層でも1着は持っておきたいのが3万円台のスーツ。

3万円台というとポリエステルやポリウレタン等の化学繊維が混紡されたスーツが多くなりますが、独特の安っぽいキラキラとした光沢が嫌だという方も少なくありません。

たしかに量販店で3万以下のポリエステル混紡スーツをヒラヒラとさせると、小さな光の粒のようなものが見えるというか、独特の安っぽい光沢があります。

そんな中、3万円以内にも関わらずメリノウールのオーダースーツを提供しているのがONLYのミニマルオーダーです。

今回は実際にミニマルオーダーしてみた結果をご紹介します!

ONLYが取り扱ってるオーダーの全容については、中西浩一氏監修の成果?着心地良く安価なONLY(オンリー)のオーダースーツ考察をご覧ください。

ちなみにONLYの既製品については、3万円台の筆頭!アウトレットも活用したONLYの既製品スーツ攻略でご紹介しています。

オーダー内容

ざっとまとめると・・・

  • 基本形:2つボタン、シングルブレスト
  • モデル:ブリティッシュベーシックモデル(固定)
  • 生地:メリノウール
  • ラペル:ノッチドラペル
  • ポケット:水平ポケット
  • ベント:サイドベンツ
  • 袖ボタン:並びつけ4つボタン
  • 裏地:総裏
  • パンツ:ノータックのシングル
  • こんな感じでオーダーしました。

    というかミニマルオーダーの場合、生地を何にするかとパンツの裾をシングルとダブルどちらにするかぐらいしかカスタマイズはできません。

    それ以外は標準仕様のままで、あとは採寸結果に合わせてONLYの特別なゲージ服を着てサイズ調整を行います。

    金額はなんと¥28,000

    まあこれは2着オーダーした場合の特別プライスなのですが、1着あたり¥28,000は驚愕ですよね。

    私は友人と一緒にオーダーした為、本当に¥28,000だけで作れました。(仕上がり次第、配送されてくる為、配送料金はかかります)
    一人で1着だけ作る場合は+¥9,000で¥37,000になります。

    日常使いでどんどん使える3万円台スーツは2着あっても困りませんし、一人で2着買うもよし、もちろん私のように友人と1着ずつ買うも良しです。

    仕上がったスーツのご紹介!

    今回はブランド生地ではなく、ブランドタグもないので、ミニマルオーダーのタグを載せますね(笑)

    正面から見るとこんな感じです。

    パンツがちょっとキツいのでお直しをお願いしようと思いますが、正面から見る限りジャケットは比較的いい感じ。

    カッチリとしたスーツなので、ビジネスシーンでも問題なく着れそうですね!

    袖についても、意外と知らない?スーツを着る上での基本でご紹介したようなジャケットから少しシャツが覗くちょうどいい塩梅になりました!

    【3/1追記】パンツをお直ししたところ、凄まじく履き心地が良い!!座る時に全くストレスがかからず、3万円台のスーツとは思えません!

    実際、私と一緒にオーダーした友人(オーダー初経験)もパンツのクオリティの高さに驚いていましたので、細かい縫製技術の話などを抜きに、初めてのオーダーでも感じられるレベルの良さと言えるでしょう。

    横から見るとこんな感じです。

    私の肩がスーツの肩よりも前についている為、腕の後方にシワが出来てしまっていますね。

    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとはでもご紹介しましたが、身体に合っていないスーツは、変なシワが多く発生します。

    肩に関して言うと、先日ご紹介したZerbinoのスーツと比べて身体に合っていないのが分かります。

    しかし今回のONLYも、横から見た時の背中に沿って描かれたS字曲線は比較的キレイです。裾が少し跳ねてしまっているのが残念ですが。。

    後ろから見るとこんな感じです。

    私が前肩な上に猫背なので、はっきりとツキジワ(首の下あたりにできる横ジワ)が入ってしまっていますね。

    かなり画一的なパターンオーダーで、体型補正をしてくれているわけではないので、ここは致し方無しです。

    しかし、それ以外については、ほぼシワが出ず、比較的キレイな背中になりました!

    裏地はポリエステル製になっている為、冬場の静電気を免れるのは難しいでしょう。

    また、芯地は接着芯となっているようです。

    ちなみに細かい部分に目をつけると、襟はパーツを2つのパーツを縫い合わせて作られた二枚襟でした。

    襟の作りは首の吸い付きに直結する為、本来アイロンでじっくり人の首の形に合うように曲げる工程が必要です。

    しかし、この二枚襟にすることで簡単に立体感が出るため、人手のアイロンワークをカットでき、コストが抑えられます。

    その代わり首への吸い付きは、あまり期待できなくなります。

    首(正確には第7頚椎)に吸い付いていない為、重めの生地を選ぶと重さがのしかかります。

    細かい仕立てのポイントにケチつけましたが、量販店のスーツと見比べるとその良さは一目瞭然です。

    量販店のスーツ(たしか3万程度)が直線的で平面的な作りなのに対して、ONLYのスーツは袖が前に降っており、人間の身体の形、特に日本人の身体の形に合わせた作りになっています。

    さすがは高松宮技術奨励賜杯賞を受賞した中西浩一氏が監修しているだけのことはありますね。

    オーダー時のポイントとONLYミニマルオーダーの位置付け

    さて、ONLYのミニマルオーダーの特徴とオーダー時のポイントをお話します!

    ONLYでは2つの種類のオーダーがありますが、ここではミニマルオーダーの特徴を掴みましょう。

    まず、良いスーツとして押さえるべき重要なポイントは①フィッティング、②生地、③仕立ての3つです。

    ONLYのミニマルオーダーは②の生地、特にそのコストパフォーマンスの良さに優れていると言えるでしょう。

    詳細は後述しますので、まずは①のフィッティングからご説明します。

    ミニマルオーダーはパターンオーダーを採用しており、元ある型からの微調整でサイズをあわせていきます。

    しかもミニマルオーダーでは選択肢がかなり限られており、生地とサイジング以外の部分を画一的な生産にすることで、低価格を実現しています。

    そのため、凝ったデザインは勿論、軽微なデザインもできません。

    ただ、それはこのミニマルオーダーがビジネスに必要な標準的なデザインで、良質な生地を用いたスーツを提供することを目的としているからで、そもそもあれこれ注文をつけたい方はターゲットではありません。

    デザインをいろいろと変えたい方は、ONLYでもテーラーメードというラインでオーダーを受け付けている為、そちらを選択すると良いでしょう。

    ②生地については、冒頭でも触れた通りウール100%、しかもメリノウールの生地で3万以内の購入が可能というのが魅力的です。

    これは案外、スーツ量販店でも難しいことで、大半のケースで3万台は既製品でもポリエステル混紡になっています。(唯一SUIT COMPANYは、REDAのようなイタリアブランド生地の既製スーツを3.3万程度で出してくるという凄さがあります笑)

    テーラーはいわずもがな、ウール100%を3万台というのは、ほぼ不可能です。(が、テーラーフクオカはウール100%の上に国内縫製で3.4万という驚異的な価値を出しています!笑)

    ・・・とまぁ、いくつかの例外も挙げましたが、基本的にはこの価格は非常に魅力的なのは間違いありません。

    ③の仕立てについては工程別(採寸⇒型紙選出&微調整⇒カッティング⇒縫製&アイロンワーク)にもう少し詳細に見ていきましょう。

    採寸については、極めてシンプルで記憶の限りではウエストぐらいしか測られていません。

    その代わり下図のONLY固有のゲージ服で、様々な調整を行いながら、ベストなサイジングを探していきます。

    (出典:https://only.co.jp/order/measurement/)
    前述の通りの仕上がりになったので特に不満もないのですが、採寸やフィッティングがあまりにも迅速に終わったので、オーダーした日は正直少し心配でした(笑)

    次に、型紙選出&微調整については。パターンオーダーの宿命ですが、既に用意されたものから選ぶことになります。

    フィッティングで語った通り、調整できる箇所は一般的なパターンオーダー以上に限定的です。

    生地のカッティングは、パターンオーダーの為、採寸結果に合わせて規格通りに裁断されます。

    フルオーダーで技術あるカッターが対応する場合は、人間の身体の動きや体型の変化も勘案した裁断を行いますが、そういったことはさすがに期待できません。

    縫製はミニマルオーダーの場合は、中国の工場でのマシンメイドになります。

    が、如何せん2ヶ月超の納期をとっている為、待たされる分、仕上がりには気を使ってくれているようです。

    ・・・というわけで、ONLYのミニマルオーダーの特徴をまとめると、

  • ウール100%が3万台で手に入る上に着心地もよく、コスパが良い!
  • 納期が2ヶ月と非常に長く、オーダー内容は限定的!
  • かなと思います。

    ONLYのミニマルオーダーはどんな人向き?

    2000万以上等、よっぽど年収が高くない限りは、3万台スーツは重宝するはずです。(というか、2000万以上であっても別に着ても全く問題ないと思います。)

    毎日着て消耗するものでもあるので、良い生地でこの価格というのはすべての方にオススメとも言えるでしょう。

    しかし、敢えてONLYのミニマルオーダーに向いている人を挙げるとすれば、

  • 細かいデザインのこだわりは無いがビジネスで着れるスーツが欲しい人
  • 長い納期でも待てる人
  • かなと思います。

    初心者の方は特にですが、下手なブランドでオーダーするよりは、まずONLYのミニマルオーダーから始めて見るのはどうでしょうか。

    また機を見て自分のスーツを紹介したいと思います!

    スポンサーリンク
    mezzoforte lounge ads