着目すべきは手裁断とセール価格!笑 高砂屋でのオーダースーツ攻略


(出典:http://www.takasago-ya.com/index.htm)
競争激しい東京 大手町エリアに店を構える高砂屋をご存知でしょうか?

Webサイトも実店舗もレトロな雰囲気であるものの、三菱電機にユニフォーム(ジャケット、スラックス、エンブレム)を提供する等、法人顧客も持ち、激戦区で生き抜いてきています。

今回はそんな高砂屋でのスーツのオーダーをご紹介したいと思います!

スーツのオーダーの分類は「イージーオーダー」

高砂屋におけるスーツのオーダーはイージーオーダーに分類されます。

フルオーダーほど自分の身体に合わせることはできませんが、用意されたゲージモデルの中から基本的な形を選ぶ為、出来上がりイメージはつきやすいでしょう。

そもそも、猫背・なで肩等の方が完全に自分の身体に沿ったスーツを作った場合、自分の身体の弱みが強調されてしまいます。

つまり、卓越した技術がない限り、身体の弱みを上手く隠し、強みを魅せるスーツには仕上がらないわけです。

一方で、型紙がある中から必要に応じて体型補正をかけるイージーオーダーであれば、シルエットを崩さずに身体に合わせることができます

また、高砂屋に関して言えば、生地の裁断を機械が行うのではなく、職人の手によって行っています。

技術あるカッターが対応する場合は、人間の身体の動きや体型の変化も勘案して裁断される為、機械裁断とは着心地や耐用年数が変わってきます。

勿論、カッターの技術力に依ってしまいますので、職人が手で裁断しているという事実だけでは判断しかねますが、機械に頼らない自信があるからこその人手なのだと推測します。

・・・とイージーオーダーやらフルオーダーやらごちゃごちゃ語りましたが、オーダーの種類や違いって分かりづらいですよね。

そんなわけで、徹底解説!オーダースーツの基本と種類。おまけで嫌な店員実態も…!にまとめました。

予算も含め、自分にとって何が適切かはよく検討すべきだと思います。

イージーオーダーとしてはかなり強気な価格帯

高砂屋では反物で生地が並べており、基本的には生地の表示価格で最終料金の大半が決まります。一部をご紹介しますね。

  • ションヘル織機を用いた国産生地 ¥49,800〜89,000
  • CANONICO ¥128,000〜138,000
  • JOHN FOSTER ¥138,000~148,000
  • Ather Harrison ¥148,000
  • Ermenegildo Zegna Traveller ¥158,000
  • CARLO BARBERA ¥168,000〜180,000
  • Ermenegildo Cool Effect ¥188,000
  • LANVIN ¥198,000~240,000
  • Loro Piana ¥138,000~240,000
  • SCABAL ¥280,000

高級生地を選んだ際の値段が、百貨店のメイド・トゥ・メジャーぐらいの価格設定となっています。

テーラーのマシンメイドを中心とするイージーオーダーとしては強気な価格設定です。

しかし、割と頻繁にセールやフェアを実施しており、実質6~7万円あたりまで値下がりしていることが多く見られるんです。

セールを前提とした価格設定なのでしょうが、何も知らずにセールでない時期に初期設定の価格でオーダーしてしまうと17万程損することになるので、注意が必要です。

オーダーする場合はセールのタイミングを確実に狙いましょう!

マシンからハンドまで仕立てのランクが選べる高砂屋


(出典:www.takasago-ya.com/produce-produce.htm)
高砂屋では、マシンメイドからフルハンドメイドまで仕立てのランクを選ぶことができます。

  • ビスポークライン = マシンメイド +¥0
  • 創作ライン = ハンドメイドとマシンメイドの混合 +¥50,000
  • クラシックライン = フルハンドメイド +¥150,000

ビスポークは本来フルオーダーを意味するため、最高級に感じられますが、高砂屋におけるビスポークラインは、ハンドメイドも取り入れたマシンメイドとなっています。

創作ライン、クラシックラインとハンドメイド工程が増え、価格もそれに応じて変わります。

いずれのランクを選んでいても本バス芯を含む総毛芯となることは特筆すべきで、本格派です。

高砂屋で選べる幅広いハウスモデル

仕立てのランクでビスポークラインを選んだ場合には、以下のようにかなり多くのモデルから選ぶことができます。

  • トップスタンダード モデル
  • モダン・ブリティッシュ モデル
  • アクセラ・D モデル
  • アドバンス モデル
  • コンテンポラリー・トラディショナル モデル
  • ヨーロピアン モデル
  • イタリアン モデル Type-T
  • クラシックエレガンス・モデル
  • ブリティッシュ モデル-Type.T
  • ブリティッシュ モデル-Type.M
  • ニュークラシコ モデル +¥30,000

各モデルの詳細は公式サイトをご覧ください。

ニュークラシコモデルは、他のモデルと比べて仕立てにかける作業を多くしているため、+¥30,000となるそうです。

ちなみに一部のイタリアンモデルのみ一枚襟で仕立てられており、その他のモデルについては二枚襟になっていました。

販売員の方は一枚襟でも二枚襟でも着心地は変わらないとおっしゃっていました。

その意図や背景は見えませんが、可能性としては以下の3つがあるかと思います。

  1. 二枚襟であっても着心地の良さを実現する工夫を凝らしている
  2. 一枚襟で着心地を良くするためには入念なアイロンワークを含めた高い技術が必要になるため、二枚襟を超えられるだけの技術が無い
  3. 単純に対応頂いた販売員の方の知識不足や上記の説明不足

ハンドメイドや手裁断をウリにしているようなので、一番上なのかなとは思いますが、実態は分かりません。

また、創作ライン、クラシックラインには別途モデルが用意されているようです。

高砂屋のカスタマイズ概要


(出典:www.takasago-ya.com/produce-quality.htm)
高砂屋で選択可能なデザインについてです。

袖ボタンは並びつけ、重ねつけだけでなく、+¥2,000で本切羽も対応頂けます。

ポケットはノーマル、スラントだけでなく、+¥1,500でチェンジポケットまで対応頂けます。

ベントはセンターベント、サイドベンツ、フックベントだけでなくノーベントも選択できますので、ビジネス用もフォーマルウェア用も作ることができます。

裏地も総裏、背抜きどちらも選択できます。

型崩れしにくくもなりますし、基本的には総裏にすることをおすすめします。

裏地の素材についてはポリエステルが標準で、+¥2,800でキュプラにすることができます。

スリーピースにする場合、体型に応じて価格が変化します。

背は平均より少し低めでYA体の標準体型から大きく変化のない私の場合は、+¥10,000で済むとのことでした。

納期はどのモデルを選ぶかによって異なりますが、4週間〜にはなります。

日本有数のビジネス街、大手町に店を構える高砂屋

高砂屋は東京の大手町に店を構えています。

所在地:〒100-0004 東京都千代田区6 千代田区大手町2丁目6−1 朝日生命大手町ビルB1

ここまで見て、ある程度気持ちは固まってきたけど、本当に高砂屋だけ見て決めていいのか?という方もいるのではないでしょうか。

実店舗と違い「やっぱり止めた」という意思決定がしやすいように体型の悩みをバッチリ補正!東京のイージーオーダースーツ店まとめで各店舗を整理しておきました!

しっかり比較検討してみてください!

オーダーに向けた事前準備

こちらはオプショナルですが、一流のビジネスパーソンとして、適切にスーツを着こなすための情報を以下にまとめましたので、ぜひご覧ください!

そもそも論理的に一流のスーツスタイルとは・・・
え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなし

身体に合ったスーツとは・・・
あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとは

差がつくポイントは・・・
なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイント

生地を選ぶ際のポイントや特徴は・・・
素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違い

パンツの裾上げの対処法は・・・
知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法

販売員と上手くやり取りを行う方法は・・・
うんちく不要!販売員の知識を「運用」したスーツ購入法とは?

スーツの着こなす上で最低限押さえるべきことは・・・
意外と知らない?スーツを着る上での基本

セールさえ狙えば、高級生地を使っており、手裁断やハンドメイド工程もあるスーツを6万台で仕立てることも可能ですので、検討してみてください!

スポンサーリンク
mezzoforte lounge ads