非効率でもコダワリある仕立て!ファクトリエでのオーダースーツ攻略


(出典:https://factelier.com/store/)
本当にいいものを知る。

これは、機能性と本当志向で二極化するスーツ市場だからこそ、最も重要なことかもしれません。

というのもコレ、両立できるんですよね。

でも両立できるのは本物志向の方だけ。どういうことでしょうか?

機能性スーツを推す方は、ポリエステル素材のストレッチスーツを着て、着心地の良さを謳っていますよね。

でも、ストレッチ素材でないとスーツは着心地が悪いというのは完全に偏見で、そもそも身体に合っていなかったり、仕立てが良くないことが原因の大半でしょう。

本物志向の方は、そのスーツの仕立ての良さ故に、着心地の良さも享受しているんです。

ただし、本物志向となると、どうしても価格が高くなりがちなのも事実。

今回は、日本が誇る技術力の高い工場と直接契約することで、価格を抑えつつ仕立ての良さ(=着心地の良さ)を実現しているfactelier (ファクトリエ)でのオーダースーツをご紹介します!

ちなみにNASU夢工房との提携によるオーダースーツの提供は小田急百貨店のジェントルマンズ・クローゼットでも行われており、そちらとは微妙にオーダー内容が異なります。

ジェントルマンズクローゼットでのオーダー詳細については、NASU夢工房と提携!ジェントルマンズ・クローゼットのオーダースーツ攻略をご覧ください。

ファクトリエの概要


(出典:https://factelier.com/factory/ nasuyumekoubou/)
ファクトリエは、確かな技術力のある工場と直接提携し、それらの工場の製品を販売するファクトリーブランドです。

以前、【レビュー】「奇跡の繊維」で抜群の履き心地!グレンクライドの靴下を買ってみたでも紹介した靴下Glen Clydeも当然取り扱っています。

この靴下、相変わらず履き心地が良く、愛用していますし、父の誕生日プレゼントにもピッタリでした!

また、各種提携工場の工場ツアー等も行っている為、商品の購入だけでない楽しみ方もあります。詳細は公式サイトのアナウンスをご覧ください!

・・・さてさて、肝心のスーツについてですが、栃木にあるNASU夢工房と提携してパターンオーダーを提供しています。

NASU夢工房は、現代では非効率とも言えるその工程へこだわっており、それは最高の着心地として表れます。

すぐにでも試着してみたくなりますが、ファクトリエでのオーダーは、銀座等にある店舗で採寸を行い、一番近いゲージサンプルを着用して微調整をしていきます。

パターンオーダーとは何か、フルオーダーとの違い等は、徹底解説!オーダースーツの基本と種類。おまけで嫌な店員実態も…!をご覧ください!

価格帯と仕様


(出典:https://factelier.com/products/detail.php?product_id=12835)
仕上がり価格は選ぶ生地で決まります。各生地の価格目安は以下の通りです。(掲載は一部です。)

  • 葛利毛織 ¥100,000〜260,000
  • Ermenegildo Zegna ¥130,000
  • Loro Piana ¥140,000
  • 生地単位で注目すべきは、たとえばゼニアのトラベラーとトロフェオが同じ価格で扱われていることです。

    大半はトラベラーなんですが、いくつかトロフェオも入っており、掘り出し物となっていました。

    もちろんコレは2018AWについてで今後もそういった取り揃えになる保証はないので悪しからず・・・。

    いずれの生地を選んだ場合も、しっかりとフル毛芯で仕立てられており、接着芯を心配する必要はありません。

    ベストをつけてスリーピースにする場合には、上記の生地価格の35%で出来るようです。

    また裏地の素材もキュプラを用いており、襟も一枚襟、肩もしっかりイセ込まれている等、いわゆる高級仕立てとなっています。

    さて、そんなスーツでカスタマイズできる詳細デザインについてです。

    ベントはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントから選ぶことできます。

    袖ボタンは重ねつけが基本で、本切羽にすることもできます。並びつけもイレギュラー対応にはなるようですが、依頼はできるそうです。

    ポケットについては、ノーマルな水平ポケットで、チェンジポケットも無料でつけることができます。スラントはできないようです。

    裏地については、総裏、背抜きどちらも選択することが可能です。

    納期は4〜5週間とのことです。

    オーダーに向けた事前準備

    せっかくオーダーをするのに、何も知らずに全てを店員やフィッターに任せきるのは不安な部分もありますよね。

    そもそも論理的に一流のスーツスタイルとは・・・
    え、まだセンスに頼ってるの?論理で再現できるスーツの着こなし

    身体に合ったスーツとは・・・
    あなたはなぜ残念なスーツを購入してしまうのか?一流を作るスーツとは

    身体に合ったワイシャツとは・・・
    ぶっちゃけスーツより重要?ワイシャツの効果と購入法攻略

    パンツの裾上げの対処法は・・・
    知らないのに結局聞かれる…パンツの仕上げの種類と対処法

    差がつくポイントは・・・
    なぜあの人はカッコいいのか?差がつくスーツ・ジャケットのポイント

    スーツの生地ごとの特徴と違いは・・・
    素材・柄からイギリス・イタリア生地まで!スーツ生地の特徴と違い

    このあたりを押さえておけば、ある程度自信を持って自分の要望を伝えられるでしょう。

    購入後のことを考えると、意外と知らない?スーツを着る上での基本も押さえておくと安心です!

    有名海外ブランドのOEMもこなす日本の工場でのこだわりの逸品を是非、ファクトリエを介してご堪能ください!

    スポンサーリンク
    mezzoforte lounge ads